犬のがんに関する研究をしてみませんか?大学院生の募集!

 

山口大学共同獣医学部臨床病理学分野分子診断治療学研究室では大学院生を募集しています。

 

概要

私たちの研究室は臨床獣医学講座に属するため大学の動物医療センターで内科系診療を行うかたわら、犬の悪性腫瘍に対する新しい治療法を開発する研究を行なっています。

主な研究テーマは、腫瘍溶解性ウイルス療法、免疫チェックポイント分子を標的とした抗体医薬、細胞傷害性抗体医薬、CAR(キメラ抗原受容体)-T細胞を用いた免疫細胞療法、DNAワクチン療法などの分子免疫学をベースにした治療法の開発です。

研究室内では、in vitroにおけるメカニズム解析に始まり、実験動物を用いた実証試験、さらには動物医療センターにおける臨床試験まで幅広く行なっており、研究室から1つでも多くの臨床に用いることができる治療法を開発することが大きな目的です。

また最近では、次世代シークエンサーを用いた腫瘍の解析による比較腫瘍学の実践(水野が代表者をつとめる学内研究チーム https://yamaguchi-u.wixsite.com/suishin)やエクソソームを用いた診断法の開発なども始めています。

自分がみつけたり開発した治療法を実際の担がん動物に対して用いることによって、目の前で治療効果を判断することができる稀有な研究室です。

 

研究テーマ

犬のがんの新規治療法および診断法に関する研究

・免疫調節を目的とした新しいがん治療法の開発

・腫瘍溶解性ウイルス療法に関する研究

・抗体医薬や免疫細胞をベースとした新しいがん治療法の開発

・マイクロRNAやエクソソームを用いたがんの診断法の開発

 

教員よりひとこと

本研究室は、動物医療センターで内科系診療に携わりながら、犬のがんに関する研究を行なっています。私たちが行う研究は、臨床への応用を目指しており、実験室での基礎的な研究から動物医療センターにおける症例を用いた臨床試験まで、幅広いテーマで実施しています。

診療と研究を両方行うということは決して簡単ではありませんが、自分の研究していることが目の前の動物の治療につながるということは、とても素晴らしいことだと感じています。

研究室で生まれたことを診療へ、そしてさらには医療への還元も視野にいれて活動しています。

またモットーは「よく学び、よく遊べ」ですので、何事にも一生懸命に、主体的に、楽しんで取り組むことを最重要視しています。

自身の一度きりの学生生活を、たくさん学んで、たくさん遊んで、楽しんで充実させて欲しいと思います。

 

 

学生よりひとこと

私たちの研究室では”Clinic to Bench, Bench to Clinic”を合言葉とし、“臨床と研究を互いに生かした獣医療の発展”を目標に内科診療と実験を行っています。

どちらにおいても自分の意見を尊重してもらえることが多いため、積極的に参加するほど自分のできることも多くなり、非常にやりがいのある研究室です。

また、研究室のみんなで、キャンプやBBQなどのイベントを定期的に行っています。

学生と教員の距離が近いことも魅力の一つです。

診療と実験の両方をしっかり学ぶことのできる研究室であり、その経験は将来どの分野に行っても十分活かせると思います。

臨床や研究など、興味が湧いたら気軽に私たちに声をかけてください。

研究室一同お待ちしております!

BBQにて(最低月1回の研究室飲み会を目指します!)

 

ご興味がある方はこちら

ご興味のある方は、mizutaku@yamaguchi-u.ac.jpまでお気軽にご連絡ください。
また研究室への参加に臨床経験は問いませんし、大学院生については診療活動を選択制としています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。