作った人に直接聞いた!ペットリクルートとはどんな求人サイトなの??

今回は、動物病院やペット業界に特化した求人サイト「ペットリクルート」を運営する、動物病院経営パートナーEn-Jin代表の古屋敷さんにお話を聞いてきました!

どんな求人サイトなのか?どういう想いでこのサイトが作られたのか?

インタビュースタートです!

ペットリクルートの運営会社 動物病院経営パートナーEn-Jin代表の古屋敷さん

 

 

 

 

ペットリクルートとはどんな求人サイトですか?

 

古屋敷さん

動物病院・ペット業界専門の求人サイトです。

動物病院の経営サポートをする会社「動物病院経営パートナーEn-Jin」が運営しています。

ペットリクルートに登録しておけば、自分の求める動物病院や企業の求人情報がリアルタイムで届き、実習先・就職先探しにとても便利です!

もちろん登録・利用は一切無料です!

 

 

ペットリクルートはどのような経緯でできたのですか?

古屋敷さん

動物病院経営パートナーEn-Jinは動物病院の経営をサポートが仕事ですので、以前から多くの動物病院の求人業務をサポートさせていただく機会がありました。

その中で各種求人サイトを使うことも多かったのですが、無料で継続的に使えて操作が簡単なサイトがあればいいのになあと長年考えていたんですよね。

 

また仕事柄、獣医学生や勤務獣医師、動物看護師の方々と接する機会も多いのですが、多くの就職先を手軽に探せる使いやすい求人サイトを作ってほしいという声が多く聞こえてきました。

そんな中で「じゃあ自分で求人サイトを作ってしまえばいいじゃん!」と考えたのがきっかけです。

約1年の準備期間を経て2017年9月にサイトオープンしました。

 

登録企業数や利用者数の推移はいかがですか?

古屋敷さん

まだ開設して1年の若いサイトですが、おかげさまで非常に多くの方にご利用いただいています。

2018年9月現在で、登録企業数は400社、登録求職者数500名を超えており、動物病院業界、ペット業界専門の求人サイトとしては、日本で最大級のサイトになりました。TwitterやLINEでも情報発信をしていますが、こちらのフォロワーもハイペースで増えています。

実習や内定につながった数も、当社が把握できるものだけでも200件を超えており、メッセージ機能を使わずに直接電話やメールで問い合わせをされたケースも含めると、さらに多くの企業と求職者のマッチングに貢献できていると考えています。

この状況に満足することなく、企業・求職者の双方にとってさらに使いやすいサイトを目指していきたいと考えています。

 

ペットリクルートにはどんな特徴がありますか?

古屋敷さん

このインタビュー記事を見られる方は獣医学生さんが多いということですので、今日は求職者の方の視点でお話ししますね。

ペットリクルートの特徴は大きく3つあります。

 

⑴「こだわり条件キーワード」

古屋敷さん

動物病院・ペット業界で働くみなさんが就職先に求めていることは実に多様です。

「とにかく外科手術を経験できるところ!」「エキゾチックアニマルの知識を深めたい!」「将来の開業を視野に入れて数年間務めたい」「ワークライフバランスを大切にしたい」「産休・育休の制度が整っている病院がいい」など、お給料や立地だけではなく、様々なこだわりがありますよね。

そんなこだわりにお応えするため、ペットリクルートでは現役の獣医師と動物病院スタッフにヒアリングをして、「こだわり条件」検索ができるようにしました。この機能を活用して、自分のこだわりにマッチした就職先を見つけてください!

 

こだわり条件(一部抜粋)

 

 

⑵多くの就職先の情報が手に入る

古屋敷さん

ペットリクルートは動物病院の経営サポートを行う会社「動物病院経営パートナー En-Jin」が、掲載料・成功報酬共に完全無料で提供している求人サイトです。

そのため動物病院やペット業界への情報発信力が高く、掲載の負担も少ないため、多くの動物病院や企業が求人を掲載してくださっています。開設から1年足らずでこの業界で日本最大級の求人サイトとなることができたのも、多くの動物病院やペット業界の企業とのご縁を大切にしてきたからこそだと自負しています。多くの求人情報の中から、皆さんが求める就職先をきっと見つけていただけると思います!

 

⑶無料で使える充実の「マイページ」機能

古屋敷さん

ペットリクルートには、これまでの経歴やスキルまで入力可能な充実のWeb履歴書機能、検索条件の保存機能、希望する地域・就職の新着求人のメール通知機能など、皆様にとって便利なツールを搭載しました!

これらすべてを無料で使うことができますので、まずはご登録いただき、色々と機能を触っていただけると嬉しいです。

もちろん「こんな機能を盛り込んでほしい」という皆さんからのご意見もお待ちしています。

 

就職活動はいつ頃から始めればいいでしょうか? 獣医学生の皆さんにアドバイスをお願いします。

古屋敷さん

私は仕事柄、就職説明会や病院での実習の際に獣医学生の方と接する機会があります。
ちょうど昨日もある動物病院に実習に来ていた6年生の獣医学生さんとお話してきました。

その中で、年々就職活動は早期化していると実感しています。
もちろん学生の皆さんの本業は学業ですが、納得いく就職先を見つけるために、また卒業研究や国家試験に腰を据えて取り組むために、早くから計画的に活動をされる方が増えたなと感じますね。

また現在は獣医師の進路も実に多様化していますし、「とにかく獣医さんになりたい」という想いで獣医学科に入学はしたけど、「自分は何がしたいのかな、どんな獣医師になりたいのかな」と悩んだり、迷ったりするケースも多くなったのではないでしょうか。

決して「就職活動」と身構える必要はなく、自分が将来やりたいことを探す一環として、低学年の頃から長期休暇などを利用して、職場見学や実習をしたり、就職している先輩の話を聞いたりしてみるのもおすすめです。

 

実習先はどうやって探せばいいですか?

古屋敷さん

気になる就職先のホームページを閲覧してみたり、先輩や知り合いの紹介を受けるなど、自分にできる方法で積極的に情報を入手されるとよいと思います。

Vcareerさんが実施されている「実習コーディネート」も素晴らしい取組みだと思いますし、弊社のクライアントの動物病院でも利用させていただいたこともあります。

もちろん私としては、実習先探しのツールのひとつにペットリクルートも加えていただけると嬉しいです(笑)。

先程お伝えした通り、希望職種や、希望の地域を登録しておけば自動的に自分が欲しい求人情報だけがタイムリーに届く機能があり、非常に好評をいただいております。

1件ずつ病院を検索して探したり、直接病院に問い合わせをするのはまだ気が引けるという方でも、
どんな病院がどんな条件で求人を出しているのか定期的にウォッチをしておくことで、チャンスを逃してしまうことを防げますし、就職先を見る「選球眼」も鍛えられると思います。

 

今後ペットリクルートをどんなサイトにしていきたいですか?

古屋敷さん

現状に満足することなく、求職者の皆さんにとってさらに使いやすいサイトにして、多くの求人情報を掲載していただき、皆さんの日常の会話の中で「ペットリクルートに載ってたあの病院の求人見た?」という話題が出るくらい、就職活動のお役に立てるようなサイトへと育てたいです。

1件でも多く、動物病院や企業と、そこで働きたいと思う人たちの出会いのお手伝いができればと考えています。

本日はありがとうございました。

 

 

<編集後記>

今回、動物病院経営パートナーEn-Jin代表の古屋敷さんにインタビューさせていただくことで、ペットリクルートの特徴や、ペットリクルートに込められた想いなどを聞くことができました。

私も早速ペットリクルートに会員登録してみました!

就職先・実習先を探していらっしゃる皆さんは、ぜひ一度ペットリクルートを覗いてみてくださいねー!

 

・ペットリクルートの公式HP
https://pet-recruit.com

・Twitterで求人情報を受け取りたい方はこちら
https://twitter.com/pet_recruit

・LINEで求人情報を受け取りたい方はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40xne7583z

・動物病院経営パートナーEn-Jin公式HP
https://en-jin.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。