獣医学生のコミュニティは狭い?コミュニティを広げる意義

今回の記事で語る獣医学生のお2人を紹介!

①日本獣医生命科学大学6年 山崎智輝
②日本獣医生命科学大学4年 河内ひかり
今回2人が語るのは「人との出会いについて」と「自分が他人と異なる点」の2つ!

 

『出会い』とは、変な意味(笑)ではなく、

『出会い』は良い意味で人生の価値観を変えるようなきっかけになるようなものです。

 なぜ、その『出会い』が大事なのかについてお2人は熱く語っていました

そして、もう一つが、「他人とは異なる点」!

これは、知っている方ならわかるかもしれませんが、対談者の2人は目立つ!とにかく目立つ!笑

しかし、決して、好きで目立っているわけではない!と言うお話です。

 

それでは、詳しい対談スタートです!

 

お互いにとって『出会い』とは何ですか??

 

 

 

河内

ともきさんと1年の頃に出会って世界が広がったし、

また今もいろいろなご縁があって獣医師さんはもちろん、他分野の人たちとの関わりも増えて、世界は広がり続けていて。

そのおかげで自分の価値観も興味も可能性もめちゃくちゃ広がりました。

山崎

それはおれも思う。人の影響力ってすごいよね。

おれも優秀な人たちが周りにいるからパワーアップしてると思う。前よりも。

河内

おお。

山崎

成長角度が大きい。優秀な人間と近くにいると絶対優秀になる

河内

それは本当にすごい感じます。人との出逢いってめちゃくちゃ大切。人との出会いが人生を変える。

私は自分からいろいろな人たちに会いに行って、こう言えるまでになりました。

いろんな人がいるイベントやコミュニティは世の中にたくさんあるけど、

特に獣医学科の人は自分から外に出て行く人は少ないのかなと感じます。

山崎

あーたしかにコミュニティが狭いのはとても共感する。もったいないよね。

河内

ですね。

世界を広げることが絶対いいとは言わないけど、現状に悩んでいたり変えたいと少しでも思っているなら、

一歩を踏み出してほしいし、自分がきっかけの一人になりたい。

山崎

 

時間がないからって言ってあきらめてる人多い気がする。学生のうちが一番時間あるのに。

河内

自分がやりたいことに時間使ってるから時間ないのはすごいことだと思いますけど。

山崎

それね。

河内

本当にやりたいことがあるのに、時間がないって言ってやってないのはとても悲しいし、本当にやりたいことじゃないのかもと思うようになりました。

極論ですけどね。言い訳はやめようって。

そういうこと気がつけたのも、自分とは全然違う環境の人と出会ったからなんですよね。

山崎

そういう人たちを増やしていけたらいいよね。

河内

だからこそ発信することも大事だし、11とかでこうやって話すっていうのが大事ですよね

山崎

めちゃくちゃ大事。

 

河内

最近ずっと笑ってる気がして、笑顔増えました。

山崎

いいことよ。

 

 

自分が他人と異なっている点はどこだと思いますか??

 

 

山崎

いや、河内もおもしろいよね。わざわざ目立ちに行くところ。俺もさ、目立ちにいくタイプなんだけど。

河内

目立ちに行きたいわけではないですよ!

山崎

それすごい分かる。相対的に目立つのかな。見る人にとってはすごい苦痛であったりもするけど。

河内

自己分析をしていて、それを聞いた友達から言われたのですが、

私はすぐに思ったことを伝えがちで、その思いや熱意で人を動かしたり巻き込むことが得意らしくて。

山崎

はいはい。

河内

なので、目立つのは発信しているからだと思うんです。

「また河内あんなこと言ってるな」「またやってるよ。」「あ、すぐ飽きてる。」

とかがそのとき思ったことをすぐ発信してるので伝わりやすくて、結果目立つのかなと。

他の人も想いやっていることがあるだろうけど、発信して、想いを人によく伝えていることがあえていうなら違いなのかなと思います。

山崎

確かにそうだよね。

河内

ともきさんは発信より先に実行してる印象です!その行動を発信してる。

山崎

そうだね。実行型だね。

河内

私がアイディアを出したり考えることは得意だけど、実行に移すのはマイペースにやるので、

最近は実行型に憧れて実行と同時に発信するようになってきました(笑)

山崎

はいはい。なるほどね。

 

今回のテーマはここで終了!
最後に。。。

 

いかがだったでしょうか?

まずは、「人との出会い」について

人との出会いが多ければ多いほど、

自分とは異なる価値観・考え方を持った人々に触れられ、自分の可能性が広がるきっかけができます。

「自分はあまり獣医界隈以外と接してないな…」と思った方、

今すぐ外の世界に飛び出しましょう。

飲み会でもいい、社会人の人と真面目に話すでもいい、まずは行動を起こしましょう!

 

次に、「人とは異なるところは『目立つところ』」は、2人とも共通してましたね。

そして、「目立ちたい」のではなく、「発信をしているからこそ目立つ」と言うもの。

「発信」することに重きを置いていた結果だったんですね。

「発信」は先ほども書いた「人との出会い」にも繋がることです。

あまり「発信」できていないと思った方は、

まずは身近な人に将来の夢や今、一生懸命にやっていることをお二人のように「発信」してみては如何でしょうか?

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。