獣医師が選ぶ!国内導入したい海外プロダクト5選

LIVESという団体の広報担当をしているドラえもんです。
(LIVESについてはこちらからチェック)

今朝、夜勤明け帰宅の電車の中でTwitterを開いたらトレンドワードに「大型ペット」とあり、 
グレート・デーンやセントバーナード…あるいはメインクーンやサバンナキャットの話題か?と想像してクリックしてみところ、 
「大型ペット キリンも値上げへ」と書いてあったので 「なんだ、アメリカか中東の話か」と思いきや、
よくみたら日本のペットボトル飲料の話題でした。

睡眠の大事さを痛感した朝でした。

  

さて、フロリダに出張していたときのお話をちょっとご紹介しようと思います。

今回のお仕事は、獣医の皆さんならご存知の方も多いのではないでしょうか、獣医情報交換コミュニティのVetpeerさんからの依頼で、

「米国フロリダで開催される獣医カンファレンスのVMXで、『日本に導入したい新しいプロダクト』を探しに企業ブースを回るにあたって、臨床獣医師の意見が欲しい。」

というものでした。 

  

このVMXというイベント、規模がやばい

・開催期間は5日間!
・アメリカだけでなく世界中から(参加者の3割が国外)、17000人以上の獣医療関係者が参加!
・エキシビジョンホールに出展する企業・個人のブースの数は約700ブース!
・米国で獣医師免許を維持するために必要な「卒後継続教育必要履修単位(CE credit)」の講演が1200時間分から選択可能!

数字だけでもアレなんですけど、会場がまたすごい✨
もうね、ホントなんて表現しようか。一言で言うとお祭りみたいな?

この5日間のために作り込んでるセットがすごい。デザインもファッショナブル!
写真を載せておきますが、なんかイマイチ現場の凄さと言うか臨場感が出ません…
撮ってる人間の力量もあるだろうけど、やっぱこう言うのは会場に行くと空気感が違う!!

まずは渡米する前にVetpeerさんから700中30くらいに絞ったブースのリストをもらい、各ブースのプロダクトに臨床医からみた「面白そう」度のグレーディングをつけてミーティングをし、当日はそれに従って実際のブースを見て回りました

その中で、ドラえもんが個人的に面白いと思ったものをランキング形式でこちらに紹介〜!

 

1位 ヘンプ系のサプリメント

http://undertheweatherpet.com/hemp-calming/
https://www.therabis.com/shop/calm-and-quiet/
日本ではあまりメジャーではありませんが海外では結構使われており、その性能に関してエビデンスも多数。特に、神経系(てんかんや分離不安)の作用は非常に興味深い!

2位 腸内細菌分析&fecal microbiota transplantation

https://www.animalbiome.com
ここ数年、腸内フローラとかそれの移植とかが人でも話題ですが、犬&猫の便の微生物のpopulationをDNA分析し、足りないのを補うための食生活や菌のサプリのアドバイスがもらえる。日本やアジアからもここに便のサンプルがちらほら送られてくるそうです。

3位 VOHC(米国獣医口腔衛生協議会)承認のデンタルチュウ

https://tartarshield.com/shop/
VOHC承認のデンタルガムで有名なのはオーラベットですが、このデンタルガムは繊維が含まれているので歯間のスキマまで歯垢予防できると。
あと、VOHC承認ではないけど、猫の製品もあります。1日15粒ほどフードに混ぜて与えるという製品。

4位 “股関節形成不全に対する初めての治療補助具”

https://k9align.com
日本では海外ほど好発犬種は多くないけど、大型犬の股関節形成不全って内科か股関節全置換かの両極端がメジャーな治療法ですよね。それ以外の選択肢として、こういうのがあったらいいなぁ、と。

5位 筋肉をつけるためのサプリメント

https://www.myospet.com
整形の術後とか高齢犬とか筋肉量が減ってしまった子に、リハビリは当たり前だけど、栄養面のアプローチをあんまり聞いたことないなぁと。人間でも筋トレ後にプロテイン飲んだりするしね。

番外編 BSAVAのブースで、臨床で適応の抗生物質の一覧表を無料で入手できるURLゲット!

興味ある人はこちらからダウンロードどうぞー!!↓
https://www.bsavalibrary.com/…/10.222…/9781910443644.chap6_1
(このURLに飛んで、「Supprementary data(1)」をクリックし、「Download PDF」でダウンロードできます!)

他にもいくつか面白いものはありましたが、これ以上書くと長くなるので割愛します。

いやぁ、ブースを見て回るだけでも楽しかった!
こういうお祭りみたいに規模のでっかいイベント…アジア規模のを日本でできたらアツいなぁ、と思いました٩( ᐛ )و

獣医学生向けの情報はこちら

獣医学生はLIVESのLINE@に登録して情報を受け取ろう!

LIVESとは??

一般社団法人LIVES (League of International Veterinary Educational Specialists) は、海外及び国内の獣医師のネットワークを拡大し、国際的な獣医療に関する技術・知識の向上を目指しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ドラえもん

マードック大学(豪州)の獣医学科卒業&オーストラリアの獣医師免許取得後、帰国し日本の獣医師免許を取得。約4年間のフルタイムの小動物臨床医経験を経て、現在はベック・動物病院グループにパートタイムの臨床医として、また一般社団法人LIVESに英語の通訳・翻訳を含めた「英語の万事屋」として所属する。