獣医師が主役として登場するドラマ・マンガ7選

こんにちは!Vcareer編集部です。

皆さんはどんなきっかけで獣医師を目指したのでしょうか?かかりつけの病院の先生を見て?自分の家が農家だった?動物が好きだから?

いろんなきっかけがあると思います。

そこで!獣医師が登場するドラマやマンガをまとめてみました。

もしかすると、すでに見たことのある作品もあるかもしれませんね!では、早速見ていきましょう!

 

獣医師の登場するドラマ

TVのリモコン

かっこいい俳優さんが演じているかっこ良くて優しい獣医師さんに誰でも憧れちゃう!そんな獣医師が主役として登場するドラマをまとめてみましょう。

『獣医ドリトル』 2010年放送

2010年TBSにて放送されていたので、これを見て、憧れて獣医師を目指した人もいるのではないでしょうか。

小栗旬演じる主人公の鳥取健一(通称・ドリトル)は口は悪いが、動物のことを思い、根本的な問題を解決するために行動します。ヒューマンドラマとして描かれています。

『獣医ドリトル』:https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1812/

『僕とシッポと神楽坂』 2018年放送

2018年にテレビ朝日で放送されたので、見ていた方も多いかもしれませんね。

嵐の相葉雅紀が演じるコオ先生が、“シッポ”たちに対して心を寄り添わせ、街の獣医師として活躍するお話。「〜さんの気持ちは受け取りました。頑張ります。」の言葉とともに飼い主に心を寄り添わせる姿も描かれています。

『僕とシッポと神楽坂』:https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/

『向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜 』 2001年放送

2001年に日本テレビで放送されました。これは他の作品と若干違いがありますね。

KinKi Kidsの堂本剛が演じる主人公(向井荒太)は獣医師ではなく、「獣医学生」。主人公は体が不自由になり、保健所で引き取った愛犬ロシナンテを介助犬として教育するという奇策に出て、日々を乗り越えていくストーリー。涙無くしては見れない作品です。

『向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜 』:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E4%BA%95%E8%8D%92%E5%A4%AA%E3%81%AE%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%97%A5%E8%A8%98_%E3%80%9C%E6%84%9B%E7%8A%AC%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%86%E3%81%AE%E7%81%BD%E9%9B%A3%E3%80%9C

獣医師の登場するマンガ

コーヒーを飲みながら漫画を読む

次に、獣医師が主役として登場するマンガをまとめてみましょう。ドラマよりマンガの方が見たことあるよ!という方が肌感として多いような気がします!

『動物のお医者さん』 著者:佐々木倫子

2003年にドラマも放送された、シベリアン・ハスキーのブームを引き起こした作品です。

主人公の西根 公輝(ハムテル)が高校生時代に大学の教授に会ったことで獣医学部への進学を目指すようになります。今の獣医師、獣医学生の方は読んだことのある人も多いのではないでしょうか。

『動物のお医者さん』:https://www.amazon.co.jp/dp/B002DEKBR8/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_AMZBDbW5A7NT4

『獣医ドリトル』 著者:夏緑 / イラスト:ちくやまきよし

ドラマの原作で、短いお話がたくさん出てきます。最初は馬の話から始まり、治療費などについても描かれ、獣医学生として考えることも多い内容です。

『獣医ドリトル』:https://www.amazon.co.jp/dp/B00P7G6W9U/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_yQZBDbJEGNFXE

『おいでよ 動物病院』『しっぽ街のコオ先生』 『僕とシッポと神楽坂』 著者:たらさわみち

こちらもドラマの原作です!作中に出てくる獣医学生の言葉に考えさせるものがあるそうです。

『おいでよ 動物病院』:https://www.amazon.co.jp/dp/B00B47H4I4/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_yOZBDb6R05JGZ

『しっぽ街のコオ先生』:https://www.amazon.co.jp/dp/442015361X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_2OZBDbF6RBWGK

『僕とシッポと神楽坂』:https://www.amazon.co.jp/dp/4420152648/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_yPZBDbX96PTB0

『WILD LIFE』 著者:藤崎聖人

こちらも2008年にドラマ化していて、絶対音感を持つ主人公が活躍するお話。

話のスピード感もあり、読んでいたら止まらなくなります!個人的にとてもおすすめな作品です!

『WILD LIFE』:https://www.amazon.co.jp/dp/4091264212/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_.PZBDbN834TVJ

こんな感じで作品を挙げてみましたが、いかがだったでしょうか?

ぜひ見たことのない作品もこの機会に見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。