獣医師が海外で働くには?獣医師免許の有効性を解説

どうもこんにちは、Vcareer編集部です!

今回は、獣医師が海外で働くには獣医師免許をそのまま使えるのか?獣医師免許の有効性ついて書きました!

この記事はこんな人向け!
・獣医師として海外で働きたい人
・日本の獣医師免許の海外での有効性が知りたい人
・海外獣医師免許が日本で使用できるのか知りたい人

日本国内で獣医師免許を取得した方の中には、海外での勤務を希望する方もいます。しかし、海外で獣医師として働くには日本国内で取得した免許をそのまま使うことができるのか?また、逆に海外の獣医師免許は日本国内で有効となるのか?

今回はこのような疑問を抱える方に向けて、獣医師免許の海外での有効性などを解説します。

日本で獣医師免許取得後、海外で働くことはできるのか?

獣医師が猫の診療をしている画像

日本では獣医学科のある大学において獣医学を学び、大学卒業後に獣医師国家試験を受験することで獣医師免許を取得できます。ではこの日本国内で取得した獣医師免許は、海外で働く際にも活用することができるのか?

日本の獣医師免許は海外での有効性はなし

この疑問に対する回答ですが、原則として現時点では海外での勤務に活用することはできません。つまり日本の獣医師免許を保有していたとしても、海外で獣医師として働くことはできないということです。

獣医師免許に関する規定は、それぞれの国が独自の考えに基づいて法律で定めています。このような理由から海外で獣医師として働くには、その国の獣医師免許を取得する必要があります。

海外の獣医師免許も日本国内では使用不可

ちなみに我が国日本も海外と同様の制度、仕組みを設けており、仮に海外の獣医師免許を保有していたとしても日本国内で獣医師として働くことは不可です。

日本で獣医師免許を取得した方が海外で働くにはどうすればよい?

海外のイメージ画像

日本の獣医師免許保持者が海外勤務を希望することは少なくありません。では、日本で獣医師免許を取得した方が海外で働くにはどのようなプロセスを歩めばよいのか?これは各国の法律や規定などもあるため、正確かつ細かな回答を述べることは難しいです。そこで今回は一例として、米国で獣医師として働く方法を解説します。

日本の獣医師免許保持者が米国で獣医師として働く方法

日本で獣医師免許を取得した方が米国で獣医師として勤務するには、北米の獣医師免許を取得する必要があります。

具体的にはECFVGプログラムにおいて獣医師の資格認定証明を受け取らなければなりません。ECFVGプログラムで資格認定証明を受け取るまでの過程は、以下のようになっています。

ECFVGプログラムの過程
【STEP①】獣医大学を卒業したことを証明する書類を提出
【STEP②】英語試験(TOEFL)に合格する
【STEP③】BCSE(筆記試験)に合格する
【STEP④】CPE(臨床試験)に合格する
【STEP⑤】ECFVGの資格認定証明を取得

ECFVGの資格認定証明を受け取ることができると、北米のあらゆる州において獣医師免許を取得することができます。

ECFVGをパスすると計4ヶ国で獣医師免許の取得が可能に

ちなみにECFVGプログラムは米国以外にもカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも認められています。

よってECFVGをパスすることによって計4ヶ国での獣医師免許取得が可能になります。

北米での獣医師免許取得に関する詳細は、下記の公益社団法人 日本獣医学会の公式サイトが参考になります。興味がある方はチェックしてみましょう。

【参考】日本獣医学会「Q&A アメリカの獣医師試験を受験するには」
URL:https://www.jsvetsci.jp/10_Q&A/u20140710.html

海外の獣医師免許取得のための大学まとめ記事

獣医師になるための海外の大学まとめ

2019年10月17日

海外の獣医師免許保持者が日本で働くには?

外国人が飛行機で出発しようとしている画像

先ほどとは逆、つまり海外で獣医師免許を取得している方が日本国内で働きたいというケースもあります。このような場合も、海外同様日本の獣医師免許取得のための手続きを行わなければなりません。

日本で獣医師として働く場合は国家試験を受ける必要がある

日本の獣医師免許を取得するには、国が実施する国家試験を受ける必要があります。ちなみに獣医師国家試験を受けることができる対象者は以下のとおりです。

獣医師国家試験の受験可能な対象者
・大学において獣医学の正規の課程を修了した者
・外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師免許を得た者
・獣医師国家試験予備試験に合格した者

日本の高校を卒業していない方は日本語の試験も必要

日本国内の高等学校を卒業していない者については、独立行政法人 国際交流基金、もしくは公益財団法人 日本国際教育支援協会が実施する日本語能力試験において1級を取得する必要があります。

獣医師国家試験などに関する詳細は、下記の農林水産省の公式サイトにて確認することができます。

【参考】農林水産省「獣医師国家試験」
URL:https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/shiken/shiken.html

以上、日本国内の獣医師が海外で働く方法や海外から獣医師として働く手順などを解説しました。 獣医師の免許は原則として取得した国でしか認められません。よって海外で獣医師としての活動を希望する場合は、現地の公的機関に詳細を問い合わせるようにしましょう

5840

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。