動物看護師は覚えることが多い?覚えたいことをご紹介

この記事はこんな人向け!
・動物看護師を目指す人
・動物看護師に必要な知識を知りたい人

動物看護師として動物病院に就職しても、ここからがスタートなので、今後覚えることはたくさんあります。覚えたほうがいいことがあるのであれば、忙しくなる就職後ではなく、時間のある就職前に覚えておきたいですよね。ここでは、動物看護師として動物病院で働くときに覚えておいたほうがいいことをご紹介します。

動物看護師の覚えることはどんなこと?

動物看護師の仕事は、動物のお世話することだけではありません。院内の掃除・洗濯、入院室の準備、受付からお会計、電話対応、在庫補充、診察室の掃除など雑務が多いお仕事です。さらに、3~5月は狂犬病の注射、フィラリア検査の時期になるので1年で一番忙しい時期になります。ここでは覚えておきたいことを優先順にお話していきます。

動物病院の1日の流れ

まずは動物病院の1日の流れを覚えていきましょう。動物病院では出勤したらパソコンを立ち上げる、お金関係の準備、入院動物のお世話、カルテの整理、診察開始後は診察室の掃除、診察中に洗濯をするなどのルーティンがあります。しかし、動物病院ごとに1日の流れは異なります。その動物病院の1日の流れを先輩動物看護師に聞いたり、先輩の動きを見ながら覚えておきましょう。

診察開始になると忙しくなるため、時間に余裕があるときに確認しましょう。

診察の流れ

診察はまず外来受付をし、カルテを出します。主訴を聞き、カルテに記載し獣医師に渡します。診察中は動物看護師が一緒に入るケースもあり、動物病院によって保定が必要なときなどに動物看護師を呼ぶケースもあります。診察中は獣医師が診察を円滑に行うためにサポートをします。診察終了後はお会計の準備を行い、お薬が必要なときは薬の準備を行います。中にはお会計や受付などの接客を受付担当のスタッフが対応する動物病院もあります。

入院の流れ

動物病院にはワクチン接種や健康診断だけでなく、体調が悪く診察に来る場合もあります。病気のときだけでなく、手術を行う場合も半日もしくは1日入院をし、手術内容や動物の状態によっては長期の入院になります。

入院の説明を動物看護師が行う動物病院もありますので、入院の流れも覚えておくと、急な入院に対応できるようになります。

電話対応

電話は飼い主さんからの質問だけでなく、業者、フード注文などもあります。電話対応は入社したての新人さんが多く対応することになるものです。電話対応の流れ、カルテの確認の仕方などきちんと確認しておくといいでしょう。電話対応の流れも覚えておくととても便利です。

検査の流れ

動物病院では便検査、尿検査、血液検査、レントゲン検査など様々な検査を行います。検査には準備が必要です。検査が必要になった段階ですぐに検査を行えるように検査の流れを覚えておきましょう。

検査の正常値

検査の正常値はすぐに必要になるものではありませんが、動物看護師が一番に検査の結果を見ることができるため、異常に気づくことで追加検査が素早く行えることもありますので、徐々にでも覚えておくと便利です。

その他

動物病院により覚えておくと便利なことは異なります。先輩動物看護師に覚えておくといいことを聞いてみるといいでしょう。

まとめ

ここでは、動物看護師として動物病院で働くときに覚えておいたほうがいいことをご紹介しました。動物看護師は覚えることがたくさんあります。優先して覚えることは基本的に飼い主への対応、掃除・洗濯になりますが、診察や検査の流れなども覚えていきましょう。

参考URL : https://careergarden.jp/doubutsukangoshi/tekisei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。