獣医師の仕事のやりがいと苦労する事とは?

この記事はこんな人向け!
・獣医を目指す人
・獣医のやりがいと苦労について知りたい人

獣医師の仕事は、毎日動物の命に関わる仕事であることから、やりがいだけではなく苦労も多い仕事です。そこで、獣医師の仕事でやりがいを感じられること、苦労することについてそれぞれ紹介します。

獣医師の仕事のやりがいについて

獣医師の仕事をしているなかで、やりがいを感じられることや楽しいと感じられることについて紹介します。

治療をすることで動物の命を助けられたとき

獣医師は動物の表情や動きからどのような状態なのかを判断し、自分が持っている経験や知識を使って治療を進めなければなりません。頭を使い、苦労が大きいからこそ、完治した時にはやりがいを感じられるでしょう。動物が徐々に元気を取り戻す姿を観察していると、モチベーションを維持することにもつながります。

飼い主の喜んでいる姿を見られたとき

ペットを治療して、元気になった時に飼い主が嬉しそうにしている姿を見たり、感謝の言葉を伝えられたりすることも、獣医師の仕事のやりがいの1つです。

動物病院の獣医師は飼い主から、家畜を扱う獣医師は農家の人から、動物の治療を終えた際に感謝を伝えてもらえます。動物の治療をすることについては命に関わるためプレッシャーもありますが、感謝を伝えられたり飼い主や農家の人の嬉しそうな顔を見た時にやりがいを感じられるでしょう。

自分の動物病院を持てる可能性もある

獣医師は、十分な経験を積んで知識を得れば、独立して動物病院を開院することも可能です。開院する人は、基本的に動物病院で数年経験を積んだうえで、獣医師としての技術や知識の他、経営についても学んで独立します。

動物病院に勤務している場合は、院長や先輩獣医師の指示を受けて治療をする必要がありますが、独立して動物病院を開院すれば、診療方法は自分で決定できることが魅力です。また、自分の実力次第で収入をあげられることも、やりがいや楽しさにつながるでしょう。

獣医師の仕事で苦労すること

獣医師の仕事は、やりがいや楽しさだけではなく、苦労も多いことが特徴です。

精神力と体力が必要である

獣医師は、人間と会話できない動物を相手にする仕事であることから、精神力と体力が必要な仕事です。動物病院に勤務している場合、「ペットの様子がいつもと違う」という理由で飼い主が動物を連れてきたとしても、動物は自分の症状を伝えられないため、どのような状態なのかを判断するのは簡単なことではありません。

さらに、治療を行おうとしても、動物は恐怖から噛んだり暴れたりと、簡単に治療を行えないことも特徴です。動物病院で治療をする動物であれば保定できる可能性が高いですが、家畜を相手にする獣医師は自分が重傷を負うケースもあるため十分に注意しながら治療を行わなければなりません。

動物の命を看取ることが多い

獣医師がどれほど手を尽くしても、命を助けられないケースは珍しくありません。動物の死は何回経験していても辛いものです。人間だけではなく動物の医療も日々進化をしており、新しい医療機器や治療法が発表されたことで、これまでと比較すると動物の寿命は延びています。

しかし、人間と同じく、必ず最後の瞬間は訪れます。治療について後悔が残ったり、自分を責めたりするケースもあるでしょう。

また、ペットを亡くした飼い主の精神的なサポートも、獣医師が苦労する仕事の1つです。飼い主が目の前で泣く姿を見ていると、自分の治療は間違っていなくても辛くなり落ち込んでしまうでしょう。

獣医師の仕事は苦労も多いがやりがいも沢山ある

獣医師として働き始めたばかりの頃は、動物の治療ではなく雑用が多いため、2年ほどで獣医師の仕事辞めてしまうケースも珍しくありません。努力と苦労をして獣医師の資格を取得しても、すぐに動物医療従事者として働けなくなるのは非常にもったいないといえます。

働き始めてからしばらくは、精神的にも体力的にも辛いことの方が多いということを認識しておくことで、苦労を乗り越えながらやりがいや楽しさを感じられるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。