ハンドラーの専門学校に進学するメリット・デメリットとは?

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーの専門学校のメリット・デメリットについて知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ワンちゃんとショーに出場し、優勝を共に勝ち取るために、ワンちゃんの日ごろのお世話やお手入れを行うハンドラーのお仕事。こういった世界に憧れを抱いている方も多いですよね。

しかし、ハンドラーを目指している方の中には、専門学校に進学するかどうか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、ハンドラーに必要な知識や技術を専門学校で学ぶメリット・デメリットをご紹介いたしますので、専門学校のお悩みを持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハンドラーになるための資格は不必要

ハンドラーになるためには、資格は必要ありません。ハンドラーとして活躍している方の中には、専門学校に行かずに技術や知識は独学で学んだという方もいらっしゃいます。

しかし、こういった方々のように、技術や知識を独学で学べる環境にある方はそう多くはいないでしょう。

プロのハンドラーを目指している方の場合、技術と知識は必須なお仕事となりますので、やはり専門的な技術と知識を学ぶことの出来る専門学校に進学する事は視野に入れておいた方が良いでしょう。

ハンドラーの専門学校メリット

ハンドラーの専門学校を目指すメリットは以下の通りです。

  • 経験・技術を積むことができる
  • ハンドラーとして有利な資格を取得できる
  • 就職しやすい

現在のところ、ハンドラーの専門学科などは残念ながらありません。しかし、ハンドラーとして必要な、経験や技術を学ぶことは十分に可能です。

経験・技術を積むことができる

専門学校では、実際の現場で研修・実習を行う時間も多く設けられています。

ハンドラーにとって、動物を扱うための技術は必須となるお仕事なので、多くの技術を学ぶことができる専門学校は将来プロとして活躍したいと考えている方にとって、大きなメリットとなるでしょう。

ハンドラーとして有利な資格を取得できる

専門学校では、卒業までに取得できる資格が専攻によっては違ってくるので、専攻選びもとても重要になります。ハンドラーとして有利となる資格を取得できる点も、自身のスキルを証明するためにはとても役に立ちます。

就職しやすい

プロのハンドラーを目指している場合、就職はプロの夢に近づく第一歩となります。

専門学校によっては、就職サポートが充実している学校もありますので、専門学校を選ぶ際は、そういった点もチェックして選ぶことがおすすめです。

ハンドラーの専門学校デメリット

次に、ハンドラーの専門学校を目指すデメリットは以下の通りです。

  • 費用が高額
  • 一度選んだら他の専攻にする事ができない

費用が高額

専門学校に進学するとなると、卒業までに数百万は必要となり、決して安いと言える金額ではありません。

中には、費用の面で諦めてしまうという方もいらっしゃいます。

一度選んだら他の専攻にする事ができない

専門学校はそれぞれ専攻が用意されており、それぞれ分野に特化している授業を受ける事が出来ます。

学んでいる途中で、やりたいことが変わったという事は珍しくありませんが、その際に進路の変更をする事は難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ハンドラーを専門学校から目指すメリット・デメリットについてご紹介いたしました。

メリットの中でも一番大きなメリットは「知識・経験を積むことができる」という事です。

反対にデメリットの中でも大きなデメリットとなるのが「費用」の問題です。

費用の問題で、専門学校を諦めているという方も少なくはありませんが、専門学校に比べると比較的費用も安く済ませる事ができる「通信講座」がおすすめですよ!