ハンドラー専門学校の夜間や通信について紹介!

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラー専門学校の夜間や通信について知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ハンドラーを目指して専門学校に通いたいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方の中には、働きながら勉強がしたいという方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、ハンドラーを目指せる夜間・通信学校をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

ハンドラーを目指せる専門学校【夜間コース】

ハンドラーを目指せる専門学校の夜間コースがある学校をご紹介いたします。

カコトリミングスクール 夜間部トリマー科

カコトリミングスクール夜間部のトリマー科は、トリマーに必要な技術・知識を学べるだけではなく

  • 飼育管理実習
  • 出産立ち合い
  • 接客実習
  • 電話対応

などを体験する事ができ、さらに講義では

  • 犬学・猫学
  • トリミング理論
  • グルーミング方法
  • リボン作り(カット後につけるリボン)
  • 獣医学
  • マナー学

など、プロの講師による講義を受ける事ができ、ハンドラーを目指すために必要なカット技術にくわえて、犬についての知識を豊富に学ぶことが出来ます。

カコトリミングスクール:https://www.kako-net.com/

IPC ペットカレッジ

IPC ペットカレッジは、短期集中、週1日からでもOKで、働きながら学ぶことができます。また、土日・夜間もOKですので、夜間を希望している方も安心です。

短期で集中的にトリミング技術・知識を学びたいという方にはおすすめの専門学校です。

そして、IPC ペットカレッジで学べる事は、トリミング知識・技術に加え

  • グルーミング
  • スキルアップ資格(ペットエステティシャン・ペットシッター士・スピードトリミングなどの総合的なトリマースキルをUPする資格)
  • インターシップ

週に何回通学するかによって、学習期間も変わるのですが、最短6ヶ月、最長で2年まで通う事ができます。

ハンドラーを目指すために、まずは短期間でトリミング技術を取得したいという方におすすめな夜間専門学校です!

IPC ペットカレッジ:http://www.ipc-pet.com/

ハンドラーを目指せる専門学校【通信講座】

ハンドラーを目指すために、通信を選択する方もいらっしゃるかと思います。通信だと、好きな時間に好きなだけ勉強をする事ができるうえに、必要な料金が専門学校に必要な費用の半分以下と、比較的良心的な金額で受講できる点もとても魅力的です。

たのまな ペットビジネスマイスター講座

たのまなの通信講座【ペットビジネスマイスター講座】の大きな特徴は、「取得できる資格が豊富」という点です。学べる内容が豊富で、取得できる資格は

  • トリマー2級・1級
  • 動物介護士
  • 動物健康管理士
  • ペット販売士
  • ドッグシッター
  • 家庭犬トレーナー1級
  • ペット繁殖指導員
  • ペット飼育管理士
  • セラピードッグトレーナー
  • ペットロスケアアドバイザー
  • キャットケアスペシャリスト
  • キャットシッター
  • ドッグライフアドバイザー
  • ペット飼育アドバイザー
  • ペットビジネスコンサルタント

上記の16種類の資格が取得できます。

ハンドラーにとって必要なスキルが取得できるので、とてもおすすめな通信コースです。

たのまな:https://www.tanomana.com/pet/

日本ケンネルカレッジ 各種講座

日本ケンネルカレッジのペット資格通信講座には

  • マスターコース(1つの講座集中型)
  • エキスパートコース(複数の資格を目指す)
  • ベーシックコース(美容の基本技術)

上記の3つのコースがあります。

このコースの中にある講座の中でも「ペットビジネス総合学科」は

  • トリミング技術
  • トレーナー
  • 動物看護士
  • ブリーダー

上記の4つの学習ができます。これらはハンドラーにとって必要なスキルですので、日本ケンネルカレッジのペット通信講座でハンドラーを目指す方は、ペットビジネス総合学科がおすすめです。

日本ケンネルカレッジ:https://j-kc.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?

働きながらハンドラーについて学習したいという方には、夜間専門学校もしくは通信講座がとてもおすすめです。

特に通信の場合は、自分の学びたい内容を複数選択する事ができ、それぞれ専門学校に比べると費用も断然お安いので、専門学校に通う事が難しいという方にもおすすめです!

働きながらハンドラーを目指しているという方は、是非、夜間専門学校や通信講座の受講も視野に入れてみてはいかがでしょうか!