ハンドラーの通信講座のメリット・デメリットとは?

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーの通信講座のメリット・デメリットについて知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ハンドラーの夢を持ち、資格を取得したいという方はたくさんいらっしゃるかと思います。資格を取得する事は、ハンドラーに必要な知識を得られるほか、プロのハンドラーになるための技術を身に着け、その知識・技術を証明するために必要な事です。

しかし「専門学校が近くに無く、通う事が難しい」「専門学校は高額で入学が難しい」など、専門学校に行くことが困難な方もいらっしゃいます。

そこで、これらの問題を解決してくれるのが「通信講座」です。ここでは、通信講座のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

ハンドラーの通信講座メリット

ハンドラーの通信講座の大きなメリットは、費用が安いという点です。専門学校に比べると、4分の1程度の費用で、資格を取得する事が可能です。その他にも、様々なメリットがあります。

  • 通信講座は費用が安い
  • 自由な時間で学ぶ事ができるので働きながらでも学習可能
  • 短期間で資格取得できる

それぞれ下記にて詳しくご紹介いたします。

通信講座は費用が安い

通信講座の大きなメリットとなるのが、専門的な知識を低価格で学ぶことが出来るという点です。

専門学校に行くと学費は150万円~300万円程と、とても高額な学費が必要ですが、通信講座だと、5万円~50万円前後で学習する事ができるので、費用をできるだけ抑えたいという方の場合は、通信講座がおすすめです!

自由な時間で学ぶ事ができるので働きながらでも学習可能

通信講座は、場所と時間の縛りが無いため、自分の空いている時間で勉強する事が可能です。

お仕事をしている方は、仕事場で学習する事もできるのです。好きな時間に落ち着いて勉強する事ができるので、無理なく進める事ができます。

短期間で資格取得できる

専門学校の場合は、資格取得までに2年もしくは3年かかりますが、通信講座は、最短4ヶ月、最長でも12ヶ月前後と、短期間で資格取得が可能です。

複数の資格を取得可能

専門学校には、専攻があり、それぞれの専攻はその分野に特化した勉強内容をメインに1~3年間学ぶこととなります。

複数の専攻を選択したくても、難しいのが現状です。

(専門学校によっては、サブとして別のコースも選択できる専門学校もあります。)

しかし、通信講座の場合、複数の資格取得が可能な講座が元々ある他、単体での学習内容を複数選択する事ができるので、学びたいという事がたくさんあっても一つに絞る必要がありません。

ハンドラーの通信講座デメリット

次に、ハンドラーの通信講座のデメリットですが、大きなデメリットは「実習がない・少ない」という事です。他にも以下のようなデメリットがあります。

・実習がない・少ない

・学習スケジュールは自己管理

・レスポンスが悪い

それぞれ下記にて詳しくご紹介いたします。

実習がない・少ない

通信講座の場合、知識が中心となった学習内容となります。ハンドラーとして必要な知識は通信講座でも十分に学ぶことが出来ますが、技術面では専門学校に通っている方と比べてしまうと、どうしても劣ってしまう点が、大きなデメリットとなります。

学習スケジュールは自己管理

通信講座の場合、学習時間が指定されておらず、自分の空いている時間で学習が進められるメリットがあります。しかし、スケジュール管理が苦手という方にとっては、学習が後回しになってしまいがちで、デメリットとなってしまう事も。

レスポンスが悪い

通信講座では、講師の方がメールや電話で質問などに答えてくれるのですが、電話やメールなどではうまく伝える事が出来なかったり、返信に時間が掛かってしまう事も。

すぐに返信が欲しいという方にとっては、面と向かって授業をする事ができない点は、デメリットとなってしまいます。


まとめ

いかがでしたか?

最後に、ハンドラーに必要な知識を学ぶために、通信講座が向いている方は

  • 費用を抑えて学習したいという方
  • 専門学校が遠方にあり、通うのが大変という方
  • 働きながら学習したい

反対に通信講座に向いていないという方は

  • 技術面を主に学びたいという方
  • 自分でスケジュールを立てる事が苦手という方
  • 時間をかけてしっかりと知識を学びたいという方

通信講座を選択する前に、まずは、自分が通信講座に向いているかどうかをチェックしてみる事も大切です!