気になるドッグトレーナーの給与・年収はどれくらい?独立開業でステップアップも

猫に比べて犬の飼育頭数は横ばいになっていて、約880万頭となっています。しかし大部分の犬が室内飼育となり、長寿化が進むにつれて飼い主さんとの関係が重視されるようになっています。

そのため、しつけやマナーを教えるドッグトレーナーの需要も高まっていると言えるでしょう。そこでドッグトレーナーの気になる給与や年収について解説してみたいと思います。

ドッグトレーナーとして正社員の給与・年収

正社員待遇でドッグトレーナーとして雇用された場合、その平均値は一般職とどのような差があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ハードワークの割に給与水準は低い

知識や経験が問われること以外に、ドッグトレーナーの仕事は非常にハードです。体力も使いますし、根気も必要です。

トレーナーの全年齢層で年収平均値の範囲を出した場合、240~330万円という数字となります。

これは大学を新卒した会社員の平均年収と同じくらいで、いかに給与水準が低いのかがわかります。

ボーナスや手当はどのくらいもらえる?

どのくらい給与がもらえるのか?ボーナスや手当などが支給されるかどうか?これは勤務先によって多少なりとも差は出てきます。

例えば大手ペットショップや、評判の良い犬のしつけ教室などは給与水準が高い傾向にありますし、ボーナスなどが支給される場合もあるでしょう。

逆に勤務先によってはボーナスが支給されなかったり、時間外労働をしても手当てが支払われないこともあります。

事前に募集要項の中で給与体系について確認しておいた方が良いでしょう。

ドッグトレーナーとしてパート・アルバイトの時給

ドッグトレーナーとして活躍している方の中にはパート・アルバイトとして勤務している場合も多いでしょう。給与・年収は時給換算となりますが、一般職種の時給とどう違うのでしょうか。

時給の水準は一般職とあまり変わらない

パート・アルバイト雇用として働いているドッグトレーナーの平均時給は900~1,100円程です。都道府県によって最低賃金に差があるため(東京都の場合は1,013円)、時給にも若干の差は出てきますが、コンビニの平均時給(900~1,000円)と比較すれば、あまり変わりはありません。

経験によって時給がアップしたり、個別で手当がもらえることもあるようです。とはいえハードワークであることに変わりはなく、持っているスキルの割に時給が低めであると言えるでしょう。

パート・アルバイトで続けるのは難しい

ドッグトレーナーを本職とした場合、ずっとパート・アルバイト待遇で続けるというのは難しいことでしょう。

勤務のシフトによってフルで働くのが厳しい場合もありますし、将来のことを考えるとステップアップの機会が望めないからです。

ある程度経験を積んだ段階で、自分の知識・経験を生かす方法を考えるべきでしょう。

ドッグトレーナーとして独立・開業でステップアップ

ドッグトレーナーとしての働き方の中で、自分のスキルを最も生かせるのはフリーランスになることです。独立・開業することによるリスクも伴いますが、ステップアップするためのチャンスはここしかありません。

レッスン収入がすべて自分のものとなる

企業や店舗などで雇用された場合、売上げは運営者のものとなりますが、フリーランスになると売り上げはすべて自分の収益となります。

もちろん事業にかかわる必要経費は掛かりますが、低いコストで抑えられるのではないでしょうか。

中には平均月収が70~80万円ほどのトレーナーさんもいらっしゃいますから、努力と根気次第で良い収入が得られることでしょう。

事業の多角化で成長の可能性も

ドッグトレーナーの仕事以外に、別のサービスによる付加価値を見出す方もいらっしゃいます。

トレーナー業以外にブリーダーをしたり、ペットシッターやペットサロンなどを経営したりといった多角化です。

工夫と創意によって、個人であっても成長できるチャンスはあるのです。