盲導犬訓練士を目指せる専門学校のメリット・デメリット

この記事はこんな人向け!
・盲導犬訓練士に興味がある人
・盲導犬訓練士学校のメリット・デメリットを知りたい人
・社会貢献をしたいと考えている人

盲導犬訓練士になるためのルートはいくつかあり、その中でも専門学校に通う選択を取る方もいらっしゃるかと思います。

盲導犬訓練士になる夢をかなえるために、専門学校へ入学したいと考えている方へ、今回は盲導犬訓練士の専門学校の中でも一番の近道と言われている「盲導犬訓練士学校」のメリット・デメリットをそれぞれご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

盲導犬訓練士学校のメリット

盲導犬訓練士学校に入学するメリットは以下の通りです。

盲導犬訓練士になる一番の近道

盲導犬協会は盲導犬の訓練士学校の卒業生の中から採用するため、他の方に比べて各協会の就職率が高くなる点は最大のメリットと言えます。

※全ての卒業生が必ず就職できるわけではありません。

※盲導犬訓練士になるには各盲導犬協会に就職する必要があります。

他の専門学校に比べると、格安で入学できる

盲導犬訓練士学校以外の専門学校ですと、盲導犬訓練士について集中的に学習する事が出来ず、さらに費用も高額です。

盲導犬訓練士学校の場合、盲導犬訓練士についての学習に特化しているだけではなく、毎月3万円の授業料に加え、作業着や教材の費用負担のみ、そして入学金も必要ありません。

盲導犬訓練士に必要な知識や技術を集中的に学べる

通常の動物専門学校の場合、盲導犬訓練士に特化している専攻やコースは無く、専門的に勉強する事が出来ません。

盲導犬訓練士学校の場合、盲導犬訓練士に必要な知識・技術全てを専門的に学ぶことが出来るので、将来盲導犬訓練士になる事以外考えていないという方にぴったりな学校と言えます。

盲導犬訓練士学校のデメリット

盲導犬訓練士学校に入学すると以下のようなデメリットもあります。

そもそも入学がかなり難しい

盲導犬訓練士学校は、毎年定期的に生徒の募集をしているわけではなく、生徒募集が無い年もあります。

さらに、1回の生徒募集数は5人~10人程度とかなり少人数なので、自然に倍率もかなり高くなってしまいます。

通学費用や家賃が必要な場合も…

盲導犬訓練士学校は神奈川県にあります。

盲導犬訓練士学校には寮が無いので、自宅から学校まで遠い方は、自分で近くのアパートを借りる、もしくは通わなければいけません。

通学の場合は学校まで遠ければ遠いほど、通学費用は高額になりますし、近くのアパートやマンションを借りるとなると、家賃の支払も発生するので、アルバイトをしなければいけないという方も出てくるでしょう。

アルバイトをしながら通うのは大変

上記のように、学校費用、生活費や交通費などを稼ぐためにアルバイトをしたいという方のいらっしゃるかと思いますが、学校に通いながらアルバイトをするのはかなり過酷な状況と言えます。

盲導犬訓練士学校には夜間コースなどは無いので、自然に夜間のアルバイトもしくは早朝のアルバイトとなってしまうでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

盲導犬訓練士を目指している方にとって、盲導犬訓練士学校は憧れの学校かと思います。盲導犬訓練士は困っている方を助ける事の出来る素敵なお仕事なので、人気も年々高まっている職業です。

盲導犬訓練士学校は高卒以上でないと応募できないという条件もありますので、まずは応募条件を満たすために高校を卒業しましょう!