動物飼育員のやりがいや楽しさ、魅力はなに?

動物飼育員の仕事をしたい方でしたら、飼育員としての魅力はなにかそれぞれ考えるかと思います。

やはり動物が好きであるから飼育員になりたいという方が多いかとおもいます。

動物の飼育員は、生き物相手でもあり、とてもやりがいがあって楽しい仕事でもあります。

どんなところに、やりがいや、楽しさ、そして魅力があるのか紹介していきたいと思います。

動物飼育員としてのやりがい

動物の命を預かる、命を守る

動物にとって飼育員さんは、毎日お世話をしてくれる、命を守ってくれる、とても大切なかけがえのない存在になります。

大切な動物の命を守っていくこと、動物に頼りにされていることはとてもやりがいを感じることです。

掃除をして寝床をきれいにしてあげること、餌をあげること、体調管理など…これらが動物の命をつなげていくのです。

動物園に来園された方を喜ばせる

動物飼育員の仕事は、動物のお世話だけではありません。動物園に来園されたお客さんの相手に対しての接客することもたくさんあります。

イベントを考えて、お客さんを楽しませるのも仕事としてのやりがいを感じるでしょう。

動物飼育員のたのしさ

いろんな動物に携われる

動物飼育員になれば、自分の担当の動物を振り分けられることが多いですが、やはり動物園にいる以上、いろんな動物と接触する機会があります。

触ることはもちろん、他の動物を見るだけでも充分たのしさを感じます。

動物の行動が、毎日変わる

「同じ動物と毎日接することで飽きないか?」と思う方もいるかもしれません。

動物たちは毎日、違った行動を見せてくれます。飼育員さんがなにかアクションを起こしたときの反応がいつもと違ったり、餌の食べ方が違ったり、毎日同じということはまずまずありません。

動物飼育員の魅力

飼育員にしか見られない動物の姿

お客さんの立場である一般の方たちだと見られない、動物たちの普段の表の顔だけでなく、裏の顔を見ることができます。毎日観察をすることで、いろんな動物の知識や技術を学ぶことができます。

動物自体に魅力を感じるかたもいるかもしれませんね!

話すことのできない動物と、毎日コミュニケーションを取れることも、魅力のひとつです。たくさんの魅力が詰まった仕事、それが動物飼育員なのです。