装蹄師に適性があるのはどんな人?必要なスキルも紹介

この記事はこんな人向け!
・装蹄師に興味がある人
・装蹄師の適正や必要なスキルについて知りたい人
・馬と触れ合うお仕事を探している人

装蹄師は、削蹄や装蹄などをとおして馬の脚を支える専門職です。

馬に深い愛情を注ぎ、サポート役に徹することが苦にならない人は、装蹄師に適性があるでしょう。

また日頃から馬を観察し、それぞれの馬に合った行動ができる人も、装蹄師に向いているといえます。

装蹄師に必要なスキルとしては、馬や装蹄具についての専門知識を有していることがあげられるでしょう。

また装蹄師は肉体労働が中心であるため、自分の健康状態を把握する自己管理能力も必要です。

装蹄師に適性がある人の特徴

どのような人物が装蹄師に適性があるかを、順番に紹介していきます。

馬が好きで縁の下の力持ち

装蹄師は馬と密接に関わる仕事です。

そのため動物のなかでも特に馬が好きな人は、装蹄師の仕事を楽しめるでしょう。

また装蹄師は表舞台に立つというよりは、縁の下の力持ちといえる仕事です。

誰かをサポートすることが得意な人も、装蹄師に向いているでしょう。

一般的に、装蹄師は一人前になるまでに15年ほどかかるといわれています。

そのため地道にコツコツと努力できる人も適性があるといえそうです。

2)観察力があり臨機応変に行動できる

当然のことながら、馬にはそれぞれ個性があり性格も異なります。

馬に直接触れて作業する機会の多い装蹄師には、馬の個性を的確に理解する力が求められるでしょう。

また蹄鉄を付けたあとは、馬の様子を確認する必要があります。

そのため一頭一頭の馬の変化を見逃さない観察力は、装蹄師としての強みになるでしょう。

また馬の個性に合わせて対応を臨機応変に変えられる柔軟性も大切です。

装蹄師に必要なスキルとは?

装蹄師に必要なスキルついて、それぞれ紹介していきます。

馬の性質や装蹄具の取り扱いについての知識

馬の脚にじかに触れて作業をする装蹄師にとって、馬の性質への理解は欠かせません。

馬の脚は、骨折や関節炎などのトラブルが起こりやすいといわれています。

馬の健康リスクを把握するためにも、解剖学や運動学の知識が必要です。

また蹄鉄の管理に必要な削蹄や装蹄では、専用の装蹄具を使用します。

扱いが難しい道具もあるので、正しい取り扱い知識を身につけましょう。

自己管理能力

装蹄師の仕事は、肉体労働が基本です。

そのため健康面に関して、きちんとした自己管理能力が必要となります。

特に業務上どうしても負担のかかりやすい、手や腰のケガには注意が必要です。

日頃から自分の健康状態を把握して、違和感を放置しないようにしましょう。

馬が大好きで毎日ふれあいたい人にとっては、装蹄師は天職となりうるかもしれません。

また装蹄師は、時間をかけて一つの道を極めたい人にも向いている仕事でしょう。