競馬調教師にはどんなやりがいや楽しさ、魅力がある?

この記事はこんな人向け!
・競馬調教師に興味がある人
・競馬調教師のやりがいや楽しさ、魅力を知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

競走馬の調教に関わる競馬調教師の仕事には、多くのやりがいや楽しさ、魅力があります。

長年苦楽を共にしてきた競走馬が、レースで華々しく勝利したときに感じる喜びは計り知れないでしょう。

また競走馬の調教と厩舎スタッフの人材育成という、「育成」に深く携われる点も、競馬調教師の仕事の魅力といえます。

加えて競馬場を訪れる競馬ファンの期待に応えることも、仕事をする上でのモチベーションとなるでしょう。

競馬調教師のやりがいや魅力、楽しさとは

競馬調教師の仕事のやりがいや魅力、楽しさとは何かを紹介していきます。

レースで勝ったときは感無量

苦楽を共にした競走馬がレースで勝ったときに、競馬調教師としてのやりがいや楽しさを強く感じられるでしょう。

またレースで1つでも多くの勝ち星をあげることや、勝つための方法を考え抜くことも、競馬調教師の仕事のやりがいであり魅力といえます。

レースに出場する競走馬や騎手、厩務員や装蹄師など、厩舎スタッフ全員の力で得た勝ち星は何物にも代えがたいでしょう。

競走馬と人の両方の育成に携われる

競馬調教師の仕事内容のキーワードとなるのが「育成」です。

競走馬に対しては、専門知識をもとに1頭1頭に合った調教手法を考え、個々の能力を引き出すことが仕事の醍醐味といえます。

レースで走ることを嫌ってしまう競走馬もいるため、「まだ走りたい」と思わせるような調教方法を考えることが大切です。

愛情を注いだ分だけ競走馬が応えてくれたときには、より仕事が楽しくなるでしょう。

また育成の対象は競走馬だけにはとどまりません。

厩務員をはじめとする厩舎スタッフの人材育成という観点においても、競馬調教師の手腕が問われるため、非常にやりがいがあるでしょう。

競走馬の調教と人材育成の両方に携われるのは、競馬調教師特有の魅力といえます。

競馬ファンからの期待がモチベーションに

競走馬のファンやレース自体を見るのが好きな人など、競馬場にはさまざまな競馬ファンが集います。

いい競走馬を育てて、競馬ファンの期待に応えることができた際には、大きな達成感を得られるでしょう。

また競馬ファンだけではなく、育成牧場のスタッフなど競走馬に関わった人々の喜ぶ顔が見られたときにも、仕事のやりがいを実感できるはずです。

いかがでしょうか。

競馬調教師は多くのやりがいや魅力にあふれた職業です。

競走馬と競馬の両者をこよなく愛する人にとっては、競馬調教師はまさに天職といえるかもしれません。