乗馬インストラクターに必要なスキルと適性とは?

この記事はこんな人向け!
・乗馬インストラクターに興味がある人
・乗馬インストラクターに必要なスキルと適正について知りたい人
・馬や人と触れ合うお仕事を探している人

乗馬インストラクターの業務は体力を要する内容が多いため、体力に自信のある人は乗馬インストラクターに適性があるでしょう。

また乗馬インストラクターはサービス業でもあるため、人を楽しませることが好きで、説明上手な人も素質があるといえます。

スキルとしては、安全な乗馬をおこなうための知識や技術が必要です。

業務をとおしてホースセラピーに接する機会もあるため、リハビリの知識があるとよりよいでしょう。

乗馬インストラクターに適性がある人柄とは?

どのような人柄が乗馬インストラクターに適性があるのかを紹介していきます。

体力があり人を楽しませることが好き

乗馬クラブや乗馬スクールでの乗馬指導が乗馬インストラクターのおもな業務ですが、馬房の掃除や馬具の手入れなども業務の一環です。

肉体労働が多いため、体力があることは乗馬インストラクターとして働くうえで重要となります。

また乗馬インストラクターは、さまざまな年代のお客さんと接する職業です。

老若男女を問わず明るく対応ができて、人を楽しませることが好きな人は、乗馬インストラクターに適性があるでしょう。

説明力や観察力にすぐれている

乗馬インストラクターは、安全な馬の乗り方を指導する職業です。

そのため物事の説明をわかりやすくできる人は乗馬インストラクターに適しているといえます。

お客さんの年齢や動きにあわせて説明の仕方を柔軟に変えられるとさらによいでしょう。

説明力に加えて、ちょっとした馬の異変を察知できる観察力に長けた人も、乗馬インストラクターの素養があるといえます。

乗馬インストラクターに必要なスキルとは?

どのようなスキルが乗馬インストラクターには必要か、順番に紹介していきます。

安全な乗馬をおこなうための知識と技術

乗馬の指導は、安全であることが第一です。

お客さんが安心できる乗馬体験を提供するためには、乗馬の基本的な知識はもちろんのこと、馬の習性についても精通していなければなりません。

栄養学や獣医学の心得があると、馬の健康管理に役立つでしょう。

また乗馬の見本をみせて指導する機会も多いので、乗馬技術があることも大切です。

リハビリの知識があると業務の幅が広がる

近年注目されているホースセラピーは、障がいを持った方の体の機能回復やリハビリに効果が期待できるといわれています。

乗馬クラブでホースセラピーが実施されることもあるため、理学療法や作業療法といったリハビリ系の知識があると業務の幅が広がるでしょう。

馬をとおした福祉活動に関心がある場合は、社会福祉学や心理学もあわせて習得しておくことをおすすめします。

乗馬インストラクターは、多くの人に乗馬の魅力を伝える素敵な仕事です。

適性を感じた人は、乗馬インストラクターを目指してみてはいかがでしょうか。