形態別の厩務員の給与や年収について

厩務員という仕事は限られた仕事で、給与や年収はあまり知られていませんが、実際にどのくらい、またどのような仕組みでもらえるのか形態別に説明していきます。

形態別厩務員の給与や年収

地方自治体が運営している地方競馬と農林水産省の監督下で全国規模で運営する特殊法人の日本中央競馬の2つの形態から成り立つ、厩務員の給与や年収は異なりますので説明していきます。

地方競馬の給与や年収

地方競馬厩務員の主な収入源は厩舎で働くことで調教師(厩舎の社長)から支給される給与

手当など含まない基本給、平均給与は120,000円~200,000円となっています。

・年収平均350万円~700万円

地方競馬では獲得賞金金額が低いため中央競馬との年収に違いがあります。

中央競馬の給与や年収

中央競馬厩務員の主な収入源は厩舎で働くことで日本調教師会厩務員から支給される給与

手当など含まない基本給は平均給与は150,000円~347,000円となっています。

・平均450万円~1200万円

獲得賞金の多い担当馬を担当することで年収額にも違いがあります。

その他手当

その他、会社員同様に賞与年2回、家族手当、住宅手当、給仕手当、通勤手当、日直手当、副馬手当、休日手当、深夜手当、輸送手当、調教手当(持乗厩務員)などあります。

厩務員の給与の+アルファ

厩務員の給与の魅力はなんといっても賞金。担当馬がレースで活躍する姿を見るのは最大の喜びで厩務員の醍醐味。仕組みについて説明します。

進上金からの収入

担当馬がレースに出場し勝利して賞金を獲得し得られる進上金があります。

厩舎により異なりますが、一般的には厩務員の進上金の取り分は5%

調教師や同じ厩舎で働く厩務員、調教助手などで均一に分ける所もあれば厩務員全てもらえる厩舎もありますので入社前に確認しておきましょう。

レース賞金による年収の詳細

中央競馬での開催レースの最高賞金金額は、1着で1億円、2着は4000万円、3着は2500万円、4着は1500万円、5着は1000万円となります。

馬主が80%、調教師が10%、厩務員が5%ずつ配分されるため、担当馬が1着の場合、厩務員の取り分は500万円となります。

競馬学校で半年間の厩務員過程を履行し資格を取れば、自身で担当馬に調教騎乗することが出来ます。レースでの賞金は調教師は10%となりますので、担当馬も自分で調教できるため嬉しさも倍になります。

また地方競馬では厩務員試験がない分、賞金水準が低く、年収1000万円以上を目指すならば、競馬学校に通い、JRAの厩務員を前提に目指すのもいいかもしれません。