ペットショップでの売れ残りの犬を引き取りたい

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップで売れ残った犬を引き取りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

ペットショップにはたくさんの可愛らしい犬がいますよね。しかし、中には売れ残ってしまう子もいます。今回はそんな売れ残った犬たちをどのようにしたら引き取ることができるのかについて紹介していこうと思います。少しでも飼い主さんの決まっていない犬たちを減らしたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

ペットショップで売れ残った犬を引き取る方法

ペットショップでは子犬の頃は高額で販売されていても子犬特有の可愛さがあるので売れる可能性はとても高いです。しかし、売れ残ってしまうとどんどん成長してしまい、値段を下げても売れなくなってしまうことが多いです。そんな売れ残ってしまった犬たちは飼い主さんが見つからなければ悲しい結末になってしまうこともあります。そういったことを少しでもなくすため、売れ残った犬たちを引き取る方法をまとめてみました。

売れ残りのいる譲渡会に行く

売れ残った犬たちは譲渡会などで飼い主さんを探していることが多いです。そのため、ペットショップで売れ残った犬を助けたいと思ったら譲渡会に参加してみると良いでしょう。相性の良い犬やお気に入りの犬が見つかれば、里親として立候補してみましょう。里親になるには様々な条件がありますが、条件をクリアさえすれば引き取ることができます。

ボランティア団体などに伺ってみる

売れ残った犬はボランティア団体などによって引き取られていることもあります。家から通うことのできるボランティア団体に伺ってみるのも一つの方法となります。予約が必要な場合もあるのでホームページなどから確認してみるようにしてみましょう。

ペットショップによっては里親募集も行っている

最近では、ペットショップ自体が売れ残ってしまった犬や保護犬たちの里親募集などを行っていることもあります。ペットショップが運営していることから、気に入った犬が遠方にいた場合でも健康上なども問題がなければ近くの店舗まで輸送してくれることもあります。里親募集はどれも飼い主さんに対する審査がありますので、条件などをしっかり確認しておきましょう。また、ペットショップの場合には定期便でのフードを注文することが条件になっていることもあります。これは、引き取った犬が元気に暮らせているのかの確認の意味も含んでいるようです。

いかがでしたでしょうか?

ペットショップで売れ残ってしまった犬たちは里親募集という形で引き取ることができます。里親になるには様々な条件を満たしている必要があり、誰でも里親になれるわけではありません。どのような条件を満たしていれば良いのかなどを確認しておくようにすると良いです。どんな条件であっても最後まで責任を持って飼育することが大切です。