ペットショップ店員の給料・年収は?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップの給料や年収を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

ペットショップ店員の給料・年収事情についてまとめました。

動物好きの人なら、「ペットショップ店員になってみたい、経験してみたい」と、一度は思うのではないでしょうか。日本のペット関連の市場は1兆5,000億円にのぼっており、ペットショップ店員の需要も微増傾向にあります。

では、実際の給料・年収はどのようになっているのでしょうか。将来、ペットショップで働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

ペットショップ店員の平均給与

毎月の給料がどれくらいもらえるのか、気になるところですよね。それでは、ペットショップ店員の平均給与について、解説していきます。

ペットショップ店員の初任給の平均は13〜15万円

ペットショップ店員の初任給は、平均でおよそ13〜15万円前後の水準です。一般的な会社員の初任給と比較すると、かなり低い傾向になります。

よって、新入社員のうちは生活水準もかなり落ちることが予想されます。特に一人暮らしを考えている方は、よく検討してしましょう。

ペットショップ店員になるために必要な資格は、特にありません。そのため、ペットショップ店員になることは難しくないでしょう。逆を言えば、仕事に希少性がないということなので、待遇はあまり望めません。

ペットショップ店員の平均給与は約20〜23万円

ペットショップ店員に関しては、かなり統計データが少ないです。口コミなどからおおよそで概算すると、ペットショップ店員の平均給与は、平均でおよそ20〜23万円前後となっています。

一般的にペットショップ店員の仕事は、他の業界と比べて非正規雇用が多いとされています。そういった面からも、ペットショップ店員は待遇が低めに設定されています。

ペットショップ店員の平均年収

これまで、ペットショップ店員の平均給与について、解説しました。ボーナスなども含めた、年収についても気になる部分だと思います。次に、ペットショップ店員の平均年収について、解説していきます。[2] 

ペットショップ店員の平均年収は約200〜300万円

給与と同様、求人募集サイトや口コミなどを参照し、おおよその平均年収を算出しました。その結果、ペットショップ店員の平均年収は、およそ200〜300万円前後となりました。

国税庁の調査によると、日本全体のサラリーマンの平均年収は400万円程度となっています。それと比べると、低い待遇であることがわかりますね。

基本的にペットショップは、個人経営の店舗や小規模な店舗だったりすることが多いです。そのため、手当てや残業代といった福利厚生が十分ではないのが実情となっています。

店長職になればまだ年収アップの可能性がある

ペットショップに限らず、ショップ店で年収をアップするためには、店長職以上の立場に出世するのが一番考えられる方法でしょう。

また、チェーン店であれば、複数の店舗を管理するエリアマネージャーなどの立場になれば、年収がアップする可能性があります。

もちろんマネージメント能力など、高度なスキル・知識が必要です。実際にその立場に昇進するには、時間がかかるのが難点です。

まとめ

ペットショップ店員は、業務内容に対して収入は少なめで、やりがい重視の仕事です。

仕事はハードではありますが、お客様の笑顔やペットとの関わりによる癒しなどは、かけがえのないものになるはずです。

給料・年収をアップさせたいなら、昇進するかトリマーなどの別スキルを取得することもおすすめです。動物に関わる仕事は多数存在するので、他の選択肢も検討してみましょう!