水族館飼育員としての適性、必要なスキル

水族館飼育員の主な仕事は、水族館にいるアザラシやペンギン、イルカといった、あらゆる水生生物の飼育管理です。水族館飼育員には観察眼や忍耐力、コミュニケーション能力が求められます。また幅広い種類の生き物についての専門知識も欠かせません。

水族館飼育員に適性があるのはこんな人

水族館飼育員に適性がある人の特徴を順番に解説していきます。

鋭い観察眼と忍耐力がある

水族館にいる生き物たちの異常にすぐに気づける鋭い観察眼は、水族館飼育員に必須といえるでしょう。また生き物相手の仕事ですので、思い通りに動いてもらえない時にも、諦めずに仕事をこなせる忍耐力も必要となります。水族館飼育員の仕事は重労働の作業が多いので、体力があることも重要です。

コミュニケーション能力に長けている

水族館飼育員は、水生生物の飼育管理だけではなく、水族館に来園したお客様の対応にもあたります。また水族館内の仕事はチームプレイです。笑顔で接する、明るい挨拶をするといった、コミュニケーション能力に長けている人は適性があるといえるでしょう。

水族館飼育員に必要なスキル

水族館飼育員に必要なスキルを大きく2つにわけて解説します。

幅広い種類の生き物に対する専門知識

水族館では魚類だけではなく、爬虫類や両生類といった、幅広い種類の水生生物を展示しています。そのため様々な生き物に対する関心と知識が必要です。知識の具体例としては、生物学、海洋学、水産学などがあげられます。また不明点は自分で調べるなど、積極的に生き物についての知識を深める姿勢も大切です。

コミュニケーション能力と協調性

円滑なコミュニケーションを図る能力は、水族館飼育員として大切なスキルといえます。お世話をする生き物に対しては、愛情深く接し、言葉を超えたコミュニケーションで信頼関係を築くことが重要です。またお客様や水族館スタッフに対しては、相手の立場になって考え、協調性のある行動ができるとよいでしょう。

水族館飼育員は「生き物が好き」という気持ちを土台として、水生生物や人間に関わっていく仕事です。生き物に興味があり適性を感じた方は、水族館飼育員を目指してみませんか。