競馬調教師に適性がある人柄とは?必要なスキルも紹介

この記事はこんな人向け!
・競馬調教師に興味がある人
・競馬調教師の適正や必要なスキルを知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

競馬調教師は競走馬との関わりがとても強い職業です。

そのため競走馬に心からの愛着を持てる人は、競馬調教師に適性があるでしょう。

加えて、勝負事や競馬自体への興味が強い人も競馬調教師に向いているといえます。

スキル面では、厩舎内外で生かしたいコミュニケーション能力と、円滑な厩舎運営に欠かせない経営の知識やマネジメント能力が必要です。

競馬調教師に適性がある人柄

どのような人柄が競馬調教師に適性があるかを、順番に紹介していきます。

競走馬と競馬の両方に強い関心がある

競馬調教師は、馬のなかでもとりわけ競走馬との関わりが深い仕事です。

そのため競走馬が心の底から好きな人は、競馬調教師の仕事を存分に楽しめるでしょう。

また競走馬だけではなく、競馬そのものに強い関心がある人も、競馬調教師の適性があるといえます。

馬を育てることと、競馬で勝つための戦略を練ることの両方を楽しめる人は競馬調教師に向いているでしょう。

勝つことに対する気持ちが強い

競馬の醍醐味のひとつは、勝負に勝つことでしょう。

競馬調教師として携わった競走馬が勝ったときの喜びは計り知れないものです。

勝つことへのこだわりは、競馬調教師にとって大切な素養をいえます。

また勝ちにこだわるだけではなく、勝つための努力を怠らない姿勢を継続できる人も、競馬調教師に向いているでしょう。

競馬調教師に必要なスキルとは?

競馬調教師に必要なスキルついて、それぞれ紹介していきます。

円滑な人間関係を築くコミュニケーション能力

馬主や外部の牧場のスタッフ、自身が経営する厩舎に所属する厩務員や騎手など、競馬調教師は厩舎内外で多くの人と関わる立場にあります。

そのため競馬調教師には、円滑な人間関係を築ける高いコミュニケーション能力が求められます。

単に人当たりがよいだけではなく、交渉を巧みに進めるスキルも身につくとより活躍できるでしょう。

経営の知識とマネジメント能力

競馬調教師は、競走馬のお世話やトレーニングなどの現場仕事だけではなく、厩舎の経営者としての仕事もこなさなければなりません。

そのため経営に関する知識は、競馬調教師にとって欠かせないスキルといえます。

馬主との交渉や、牧場での良馬探しなどが経営に関わる仕事の一例です。

また厩舎を滞りなく運営するための厩舎スタッフの教育や管理も、競馬調教師の仕事となります。

そのため従業員を育成するマネジメント能力も、競馬調教師として身につけたいスキルといえるでしょう。

競馬調教師は、競走馬と関わりを持ちつつ、経営面にも目を向けなければならない仕事です。

競走馬が好きで、知力・体力の両方を遺憾なく発揮したい人にとっては、うってつけの職業でしょう。