気になる!競馬調教師の給料、年収を紹介

この記事はこんな人向け!
・競馬調教師に興味がある人
・競馬調教師の給料や年収を知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

どの仕事であっても、給料や年収は気になる項目ではないでしょうか。

JRA(日本中央競馬会)に所属する調教師の場合は、平均年収が1,200万円といわれ、名の知れた調教師であればさらにその数倍の額が支払われています。

競馬調教師の月給は、預託金やレース賞金の1割がおもな収入源です。

基本給のほかには、調教手当、深夜手当、日直手当などの各種手当がつきます。

ただしレースで実績を残せない場合には、経営破綻の危機に晒されるシビアな一面もあります。

競馬調教師の給料や年収はおおよそいくら?

働くうえで必ず気になる、競馬調教師の給料や年収について紹介していきます。

平均年収は1,000万円超?

競馬調教師のうち、JRA(日本中央競馬会)に所属する調教師の平均年収は、なんと1,200万円といわれています。

さらに名の知れた調教師には、その数倍の額が支払われています。

平均月給は約45万円です。

サラリーマンの平均年収が420万円ですので、競馬調教師の給料はかなり高額といえるでしょう。

ちなみに競馬業界の同業者ともいえる厩務員の平均年収は800万円です。

厩舎の運営を担う分、競馬調教師の給料が高く設定されていることが予想されます。

競馬調教師の給料の内訳とは?

競馬調教師の月給は基本給のほか、調教手当、深夜手当、日直手当などの各種手当で構成されています。

また馬主から支払われる預託金や、レースで得た賞金の1割が競馬調教師のおもな収入源である点が特徴です。

競馬調教師の仕事は、長年積み重ねた経験が実績に反映されやすいため、長く働くほど収入が上がる傾向にあります。

同じ競馬調教師でも、NAR(地方競馬全国協会)の賞金はJRA(日本中央競馬会)の半分以下であるため、おのずとNAR(地方競馬全国協会)競馬調教師の方が低い年収となります。

レースで成績を残せないと経営破綻の恐れあり

前述のとおり競馬調教師の給料は、レースで得た賞金の一部がおもな収入源です。

そのためレースに勝てず実績を残せない場合は、収入が激減するだけではなく、経営破綻の危機にも晒されます。

競馬業界は高額な給料を得られる華やかな業界に見えますが、とてもシビアな世界といえるでしょう。

いかがでしょうか。

競馬調教師は、競走馬や厩舎スタッフの生活を守らなければならない重責を担っています。

高額な収入が得られる分、競馬業界のなかでもとりわけ厳しい職種といえるでしょう。