ペットショップで働くためにはどんなことを勉強すればいい?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップで働くのに必要な勉強内容を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

ペットショップで働くとなると、働くペットショップの規模にもよりますが、基本的には何か担当を割り振られる事が基本的な形態となっています。

例えば【トリマー】【犬・猫販売員】【爬虫類販売員】【熱帯魚販売員】【用品販売員】などの担当です。

自分が希望する担当や、割り振られた担当によって勉強しなければいけない事は違いますので、まず何の担当をしたいのか?を考える事が重要となります。

では、それぞれの担当でどのようなことを勉強いなければいけないのか?について、ご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください!

ペットショップで働くための勉強をする前に

ペットショップの求人の内容にもよりますが、面接時に「こんな担当がしたい!」と担当の希望を伝えることができるので、そこできちんと伝えられるよう、実際にあなたがペットショップで働いた際にどのような担当をしたいのか?について、一度考えてみましょう。

ペットショップの求人の中には、

  • トリマー
  • 販売員
  • レジ

この3つで分かれている場合もあり、販売員を選択すると、どの販売員(犬・猫・熱帯魚など…)担当に割り振られるか分からないので、この場合はあらかじめ確認しておく事をおすすめします。

ペットショップで働く為の勉強①トリマー

ペットショップで、トリマーを担当したい場合は、【トリマー】の免許が必須となっているペットショップが多いです。

しかし、免許は無いけど、技術だけはあるという方も実際に働いている方もいらっしゃいますので、まずは、トリマーとして働くために技術を勉強・身に着ける事は大前提、そして、資格を取得する事でより合格率を上げる事ができます。

ペットショップで働くための勉強②販売員

ペットショップで販売員を担当したい場合、どの生き物の担当がしたいのかによって、勉強する事が変わってきます。

例えば、

  • 販売員全般を担当したい
  • 販売員はペット全般を担当しなければいけないペットショップで働く

という場合は、犬・猫だけではなく、鳥や小動物、魚などの生体について、詳しくなる必要があります。

そして、これらに加えてペットグッズ、ペットフード、しつけ、お手入れ、ペット保険についても勉強しておかなければいけません。

簡単にまとめると、販売員は【ペット業界のスペシャリスト】を目指して生体だけではなく、生体に関わることすべてを勉強しなければいけないという事です。

ペットショップで働くための勉強③レジ

ペットショップでレジを担当したいという方の場合、特に勉強する事はありません。接客業初心者という方でも働く事ができるので、働きながらレジの経験・スキルを上げていく事ができます。

まとめ

いかがでしたか?

ペットショップで働くために、絶対に必要となる資格はありませんが、知識が十分に備わっていなければ、正社員として働くには少し難しい世界ではあります。

まずは何を担当したいのか?について考え、担当したい生体や商品などについてを勉強し、できれば【愛玩動物栄養管理士】などの資格を取得しておくことをおすすめします!