老犬介護士は女性にとって働きやすい?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・老犬介護士を目指している女性
・動物に関わる仕事を知りたい人

女性はライフステージが変わりやすく、その度に生活環境を見直す必要があります。

働き方の変更もその1つですよね。

そこで今回は、老犬介護士はライフステージが変わりやすい女性にとって働きやすい職業なのか解説していきます。

老犬介護士に向いている人とは?

犬にも人にもたくさん関わる仕事なので「犬も人も好き」という方であることが大前提になります。

その上で具体的な特徴をいくつかご紹介します。

・動物のお世話が好き

・人との関わり合いが好き

・思いやりがある

・観察力がある

・判断力がある

老犬介護士の仕事は、老犬の介護だけではありません。

飼い主さんとの信頼関係を作ることや愛犬についての情報を共有すること、今後の対応の相談や提案も大切な仕事になります。

さらに一緒に働くスタッフたちともしっかりコミュニケーションをとる必要があります。

犬の状態を見極める観察力、現状からより改善するための判断力、何より細やかな気配りで安心感を与える思いやりも必要です。

いくら犬が好きでも人とのコミュニケーションが苦手という人には難しいかもしれませんね。

幅広い働き方がある

次にどのような働き方があるのか、雇用形態と活躍の場について解説します。

ライフスタイルに合った雇用形態

求人情報を探してみると、正社員からパート、アルバイトと多くの雇用形態があります。

正社員は、働く施設によってそれぞれ働き方に違いがあり、時間の融通が利きにくいですが、多くの収入を得られるというメリットがあります。

パートやアルバイトの場合は基本的に希望の勤務時間に働くことができるので、家庭と仕事の両立がしやすい方におすすめです。

このことから、老犬介護士は自身のライフスタイルに合った働き方が可能であるといえますね。

活躍の場が多い

老犬介護士には介護の技術はもちろん、それぞれの犬に合った対応や緊急時の処置を可能とする幅広い知識があります。

その知識と技術により、老犬ホームはもちろん、動物病院やペットホテルなど、犬に関連した施設で活躍することが可能です。

中にはペットシッターとして訪問介護をしている方もいます。

活躍の場が多いことで自分に合った環境を見つけやすいという点も魅力の1つですね。

主婦からでも始められる

無資格未経験からでも始められる仕事なので、現在仕事をしていないという主婦の方でも働き始めることが可能です。

実際、愛犬のために犬の介護に役立つ資格を取得して、それがきっかけとなり老犬介護士を始めたという方もいます。

また、資格は通信講座から取得できるものもあるので、家事と資格を取得するための勉強を両立することもできます。

老犬介護士は経験も大切な仕事なので、余裕があれば、働きながら資格を目指せると早く成長することができるでしょう。

女性にとって老犬介護士は働きやすい

ここまでご紹介したように、老犬介護士は無資格未経験から始められて働き方に多様性があるため、家事と仕事の両立がしやすい職業であるといえます。

一度やめたとしてもその経験と知識は身に付いているので、犬に関連した施設でならいつでも復帰することが可能です。

これはライフステージが変わりやすい女性にとって嬉しい点ではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。

一度退職してしまうと復帰することが難しい仕事が多い中で、過去の経験を活かして再就職がしやすい老犬介護士は、どんな方にもオススメできる職業です。

興味のある方はぜひ目指してみてくださいね。