トリマーの副業を行う際のポイントとは

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーの副業について知りたい人
・トリマーを目指している人



「副業としてトリマーを始めたい」と考えている人もいるでしょう。

今では企業も副業を認めるところが増えているため、副業を始める人は多いです。

そのため、動物が好きなどトリマーとして働きたい人は副業という位置で考えることができます。

しかし、「トリマーは副業として仕事ができるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

トリマーが副業として行えるのか紹介します。

トリマーは副業として働くことは可能

結論から言うと、トリマーは副業として働くことが可能です。

トリマーは人材不足な点もあり正社員として募集をかけているところもありますが、アルバイトの募集も多いため、本業の休みに合わせてトリマーとして1〜2日勤務することが可能です。

ただ、トリマーを副業とするときはポイントを確認しておくことが大事です。

どのようなポイントがあるのか紹介しましょう。

土日に出勤ができること

トリマーを副業としたいなら土日に出勤できることが大事です。

トリマーとして人手が欲しいのはお客様の来店が多い土日だからです。

そのため、土日のどちらか1日、または午前や午後の半日働ける人であれば副業として働くことは難しくないでしょう。

しかし、土日も出勤が必要な仕事が本業であれば、トリマーの副業は難しい可能性が高いです。

もし、店舗でトリマーの副業を考えるなら、この点は確認しておきましょう。

在宅の場合は必要な届出を出す

トリマーを副業として仕事をするときに在宅で行う人もいるでしょう。

ただ、在宅でトリマーの仕事を行うなら営利目的のための「第一種動物取扱業者」の登録を行わなくてはいけません。

もし、登録の届出を出さずに自宅でトリマーの仕事を行うなら、罰金が科されてしまうので、届出を出しておくようにしましょう。

他店舗での工夫や手順を勝手に導入しない

副業としてトリマーを始めたなら、店舗でのやり方や導入しているシステムについて理解することができます。

店舗によっては独自のやり方でサービス提供しており、成功を収めているところもありますが、その方法を勝手に本業などで導入するのはやめておきましょう。

店舗での工夫ややり方を何も許可を得ずに導入するなら、後にトラブルに発展することがあります。

店舗のシステムを導入したいなら、許可を得て行うことを明記しておきましょう。

トリマーのスキルや知識を学習

トリマーとしてペットの毛並みを整えることや健康管理をする際は、スキルや知識が必要です。

何も知識がなくては事務仕事は行えても、実際に動物に触れて仕事をすることはできません。

トリマーは専門学校での学習経験や資格の取得などで知識やスキルを証明することができます。

副業でもトリマーとして働きたいなら資格を習得しておくようにしましょう。

まとめ

トリマーは副業として働くことができますが、副業として働くためにはしっかり準備をしておくことが大事です。

本業との兼ね合いをみてトリマーとして働くことができるように計画しましょう。