老犬介護士の平均初任給はどれくらい?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・老犬介護士への平均初任給について知りたい人
・動物に関わる仕事を知りたい人

・老犬介護士として、働いてみたいけれど給料面はどうなんだろう。

・老犬介護士という職業に興味はあるものの、それだけで暮らしていけるのかな…

そんな風に、老犬介護士というやりがいのあるお仕事を志しつつも、暮らしていくにあたって初任給が気になる人も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、老犬介護士の平均初任給について紹介していきます。

老犬介護士の給料/年収について

老犬介護士と言う職業は動物を育てる方からは認知されている職業ですが、動物を飼ったことがない、動物に興味がないという方にはまだまだ知られていない職業です。

そのため、お給料に関しては「たくさん稼げる!!」という環境ではまだないようです。

老犬介護士の初任給事情

老犬介護士の初任給は月給定額だと16万円~18万円前後が平均となります。

しかし、定額の給料が設定されている勤務場所よりも時給1000円程度と設定されている場所もたくさんあります。

月給定額だと手取りで14万円~16万円であり、時給換算の勤務地であればその勤務時間によって初任給は前後していきます。

年収はどれくらい?

では、老犬介護士を職業とした場合いくら程度年収で稼げるのかという点ですが安い場合は200万円~、高い場合は350万円前後と差が出てきます。

これは経験年数や、勤務エリア、リピート度合いによっても異なります。

老犬介護士以外に収入が増やしたい方は?

前項でお給料・年収事情について触れてきましたが、とても贅沢ができる、散財できる水準ではありません。

老犬介護士という職業をメインにしながら、更に収入を増やしたい方の為にその方法をご紹介します。

就業先に確認して副業をする

まずはご自身が働いている就業先に「副業規定」があるかどうか確認しましょう。

確認の上で、副業してOKであれば、副業をして少しでも収入をUPしてみましょう。

副業の収入が年間110万円以下であれば、確定申告を自分自身でする必要はないといえますので、どこまで稼ぐのかは自分自身で最初に設定しておきましょう。

おすすめの副業

副業するといっても、何から始めたら良いか分からない…そんな方の為におすすめの副業例をご紹介します。

・老犬介護士のお仕事内容について記事を販売する

・ブログを始めて収入を得る

・動画などで老犬に対しての接し方を紹介する

・フリマアプリなどで不要になった物を販売する

まとめ

老犬介護士という職業はわんちゃんねこちゃんを飼っているご家庭から頼られ、とても大切な職業であるものの、たくさん稼げる職業ではありません。

どのような生活レベルを求めるか、ダブルワークをするかどうかは自分の心と相談してみましょう。