女性老犬介護士のキャリアパスや、結婚後の生活はどうなる?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・女性老犬介護士のキャリアパスに興味がある人
・動物に関わる仕事を知りたい人

室内飼育の犬が増え、寿命が延びている昨今では老犬介護士の仕事が注目されています。男性よりむしろ女性の希望者の方が多いほどです。

そこで女性ならではのキャリアパスや、結婚後に生活がどう変わるのか?解説していきたいと思います。

経験を積むことでスキルを高める

どのような仕事もそうですが、知識と経験を高めていくことでスキルのレベルも比例していきます。それは男性であっても女性であっても同じことです。老犬介護の世界ではどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

女性だからこそ活躍できる世界

まず犬にかかわる仕事を見ていくと、女性の比率が多いことに気付くはずです。細やかな心配りや気遣い、優しさなどは女性ならではですよね。

特に動物の看護や介護の世界では女性だからこそ活躍できるという表現がぴったりです。

また愛犬の介護のために老犬介護士の資格を取得する女性も多く、そこからスキルを高めて職業として活躍している人も珍しくはありません。

さまざまな業種に対応できる老犬介護士

老犬介護士が活躍するのは老犬ホームなど一部の施設だけではありません。動物病院やペットホテル、あるいはペットシッターとして頑張っている方も多いのです。

そういった意味では、さまざまな業種に対応する職業だと言えるでしょう。人間と同じくデイサービスなどの業務も注目されていますから、女性老犬介護士の需要はますます高まるのではないでしょうか。

結婚後も老犬介護のスペシャリストとして活躍できる

結婚して子供が生まれたとしても、老犬介護士のキャリアが終わるわけではありません。

今後ますます需要が高まっていく中、スペシャリストとしての活躍も期待できるのです。

日中の時間を活かしてキャリアを積むことができる

老犬介護の仕事も日々の研鑽が大切です。犬種も違えば年齢も違いますし、犬によって健康状態も大きく異なってきます。そういった意味では経験やスキルを高めることで応用が利くわけです。

とはいえ一日中、老犬に携われば良いのか?となるとそれは違います。誰にでも自分の生活はありますし、生活スタイルを崩すことはありません。

一般的な訪問介護や預かり介護では、おおむね夕方くらいまでと時間が決まっていますので、自分や家族の時間を犠牲にすることもありません。ただし限られた時間の中で経験を積む必要はあるでしょう。

独立開業という選択肢

経験やスキルを積んでいったその先には、やはり独立開業という選択肢もあるはずです。老犬介護士には認定資格こそあるものの、経験や技術を評価してくれるのは他でもない愛犬のご家族なのです。

相手が安心して介護を任せるということは、老犬介護士をきちんと評価してくれることに繋がります。

また老犬介護士として雇用されている間、おそらく本来の介護の仕事以外に様々な業務に携わることもあるでしょう。独立すればすべて自分でこなす必要があるため、経営のためのスキルを持つことも将来的に必要となります。

これから需要が伸びる可能性も

愛玩犬の寿命が延びるにしたがって、シニア犬の数も増えていくでしょう。そして老犬介護士の需要は高まっていくはずです。近い将来、老犬介護士の資格を持つ人も比例して増えていくと思いますが、老犬介護士が活躍できる舞台も広がっていくのではないでしょうか。

また経験を積んだプロの介護士であればあるほど評価が高まり、引く手あまたになることも夢ではありません。