トリマーとは?なるための方法も紹介

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーについて知りたい人
・トリマーを目指している人


いろいろな職業がありますが、動物が好きな方であればトリマーを選びたい方もいるでしょう。

トリマーは動物と接する機会が多いので、動物に関わる職業をしたい方なら、選択肢の1つとして考えることができます。

ただ「トリマーとはどんな仕事なの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

トリマーとはどのような仕事なのか内容を紹介します。

トリマーとは

トリマーは動物の体の手入れをする仕事です。

手入れをするペットは犬や猫などがいますが、ペットで利用されるのは犬が多いです。

トリマーが行う仕事内容としては毛並みを整えるブラッシングやシャンプー、伸びた毛をカットすること、また爪が伸びていれば爪を切ったり耳掃除をしたりします。

体全体の手入れを行うことがトリマーの仕事であり、もしペットの健康状態で異変などを発見すれば、獣医に診てもらうことを進めます。

トリマーはペットの手入れがメインとはいえ、動物のことを気にかけることが大事なので、いろいろなスキルも必要になってきます。

トリマーになるためには

もし動物の手入れ触る仕事を行いたいなら、トリマーになりたい人もいるでしょう。

ただ、トリマーになるために「どうすればいいの?」と悩んでしまう人もいるはずです。

トリマーになるための方法について解説します。

専門学校で勉強する

トリマーになりたいなら、専門学校に通い必要な知識を身に付けることが大事です。

トリマーは基本的に資格は必要ありませんが、仕事に就く際は知識やスキルががあることを証明する必要があります。

専門学校卒業の証明があれば仕事に就く際に十分な証明です。

専門学校は一般的には2年ほど通わなくてはいけませんが、中には1年半や半年制、また夜間での通学を許可しているところもあります。

学費は初年度が130〜150万円ほどとなっているので、費用は安くありません。

専門学校に通う際は仕事をしながら学習するのか、どれくらいの期間学習するのか考えて選ぶ必要があるでしょう。

資格を習得する

トリマーになりたいなら資格の習得も考えてみるのもいいでしょう。

トリマーになるために国家資格のようなものは必要ありませんが、資格を持っているならスキルの証明となります。

トリマーの代表的な資格は「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト」や「トリマーペットスタイリスト」などがあります。

どれも民間団体が審査基準を設けていますが資格としての効果は高く、習得しているなら、就職や転職に有利です。

資格はネット講座や書籍を利用して学習することもできますが、専門学校に通っているときに習得することもできます。

中には在学中に資格の取得が必須なところもあるため、資格の取得を目指すなら専門学校に通うのもおすすめです。

トリマーのまとめ

トリマーはペットの手入れをする仕事です。

トリマーになるためには独学や講座の利用もできますが、専門学校に通う方が効率が良く資格も取得できます。

トリマーになりたい方は、ぜひ考えてみてください。