老犬介護士として働くなら資格は必要?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・老犬介護士として働きたい人
・動物に関わる仕事を知りたい人

のんびりと過ごす老犬は、私たちに癒しを与えてくれる魅力的な存在ですよね。

そして、そんな老犬の手助けをするのが老犬介護士の仕事です。

まだあまり認知されていない職業なので、どんな仕事なのか、資格が必要なのかなど知らない方も多いでしょう。

そこで今回は、老犬介護士として働くには資格が必要なのかという点にスポットを当ててご紹介します。

老犬介護士は資格が必要?

就職するには資格が必要なのか、資格が無くても働けるのか、順番に解説します。

必須の資格はない

結論からいうと、必ず必要という資格はありません。

動物に関連した資格はさまざまありますが、多くは民間資格です。

動物に関わる仕事は資格が無くても働けることが多く、老犬介護士もその中の1つとなっています。

比較的新しい職業ですが、人間と同様に動物の寿命ものびているため、だんだんと需要は高まっています。

実際に無資格から始めるという人も増えているようです。

無資格でも就職には影響しない

無資格でも就職できるのかと不安になる方もいると思いますが、求人情報の募集要項を見てみると、無資格未経験でも可となっていることが多いです。

しかし、有資格者優遇と記載されている求人もあるので、無資格でも就職に不利になることはありませんが、資格を持っていた方が有利にはなります。

また、実際に働いてみると、さまざまなシーンに対応しなければならないので、専門的な知識を身に付けていた方が就職後に困ることも少ないでしょう。

働きながら資格を取得することがおすすめ

より早く一人前になるには多くの経験が必要なので、もし無資格から老犬介護士を始めるなら、働きながら資格を取得することをオススメします。

では、どのような資格が役立つのでしょうか。

いくつかご紹介します。

どんな資格が役立つ?

取得すると便利な資格は以下の通りです。

・老犬介護士

・ペットシッター

・ドッグヘルパー

やはりJCSA(日本キャリア教育技能検定協会)に認定されている老犬介護士の資格が特にオススメになります。

それ以外にも、さまざまな年齢の犬や犬以外の動物にも対応できるペットシッターや、ドッグヘルパーもオススメです。

これらは通信講座でも取得できます。

老犬介護士は経験をつみ、知識が養われることによって仕事の幅が広がる仕事です。

ぜひ検討してみてくださいね。

老犬介護士に向いている人とは?必要な能力とは?

何よりも人と犬が好きという方に向いています。

この気持ちがなければ、いくら知識があっても成長していくことは難しいでしょう。

また老犬の介助だけではなく飼い主さんのメンタル面のサポート、これから高齢に向かう犬への対応、生活環境の提案など仕事内容は多岐にわたります。

これらの仕事をスムーズに進められる対応力、適切な処置をするための判断力も欠かせない能力といえるでしょう。

いかがだったでしょうか。

老犬介護士は資格が無くても始められる仕事ですが、やはり多くの知識を身に付けていた方が、さまざまな仕事に対応しやすいでしょう。

興味のある方はぜひ資格を目指してみてくださいね。