アニマルセラピストになるための資格受験の難易度や合格率

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストのリアルな声を知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

アニマルセラピストにおすすめの資格は複数あるので、まずは、取得する資格を決める必要があります。資格によって、難易度や合格率、認定する団体が異なります。

そこでこの記事では、アニマルセラピストになるための資格の難易度や合格率を解説します。今回の記事を参考にぜひ、資格試験に挑戦してみてください!

資格試験の難易度と合格率を紹介!

アニマルセラピストにおすすめの資格の難易度や合格率を紹介します。今回は代表的な資格を4つピックアップしました。

アニマルセラピスト資格

アニマルセラピストの資格を取得する場合、 「NPO法人日本アニマルセラピー協会」や「社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)」などの団体のカリキュラムを受講し、認定資格を取得するのが一般的です。

資格の種類は、初級・中級・上級・師範の4種類が存在します。正確な難易度や合格率は公表されていないので、分かりませんが、学科の難易度はそれほど難しいものではないようです。実技のない試験の合格率はかなり高くなっているようです。

セラピードッグ・トレーナー

セラピードッグ・トレーナーとは、アニマルセラピーで活躍する犬の育成・管理したり、高齢者や患者さんと動物の間に立って、セラピー実施をサポートをします。

セラピードッグ・トレーナーの資格は、日本ペット技能検定協会が認定しています。気になる資格の合格率や難易度ですが、セラピードッグ・トレーナーの合格率はこちらも非公表です

ただし、いろいろなサイトや口コミを調べた結果、合格率や難易度はさほど高くないと推測されます。合格率は9割程度ではないでしょうか。

受験資格の欄に「協会指定のカリキュラムを修了した者」という条件が記載されています。そのため、講座をしっかり勉強しておけば、資格が取得できるはずです。

動物介在福祉士

動物に触れ合うことで人の心を癒す、これからの福祉を支える重要な存在が動物介在福祉士です。動物介在福祉士の資格を取りたい場合、一般社団法人 全日本動物専門教育協会が認定している資格試験を受講します。

資格試験の合格率は70%程度と言われてます。さらに、再受験できる機会が複数回保証されているので、そこまで難易度が高いということではないでしょう。

通信講座を受講して試験に望めば、半年くらいの学習で資格を取得できる場合が多いようです。

アニマルコミュニケーター

アニマルコミュニケーターとは、動物と人の間に立ち、動物の気持ちを言葉に置き換える仕事です。資格試験については、アニマルコミュニケーター資格講座を扱っている学校それぞれの基準で、基礎講座や認定試験を設けています。

代表的な資格を取り扱っている学校だと、国際アニマルコミュニケーションスクールがあります。

この学校は、初心者から、プロのアニマルコミュニケーターを目指す人を対象とした学校です。3級から1級まであり、プロ養成コースは最短1年半程で卒業できるそうです。オンラインコースもあるので、遠隔でも学習できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アニマルセラピストになるための資格試験を4つピックアップし、それぞれの難易度や合格率を解説しました。

どの資格試験も、ほかの職業の資格試験に比べて合格率が高く、難易度はむずかしくありません。しっかり講座を受けて受講すれば、資格を取得できるはずです。ぜひ、資格取得に挑戦してみてください!