アニマルセラピストの活躍の場とは?就職先の種類を紹介

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストの活躍の場所を知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

現在の日本では、アニマルセラピスト専門での雇用は少ないといわれています。ほかの業務と併せて、アニマルセラピーをおこなう場合が多いでしょう。

活躍の場としては、医療機関や福祉施設が中心です。医療機関ではホスピスや精神科で、患者のストレス緩和を目的とした活動が主軸となります。

また高齢者施設や障がい者施設など、さまざまな福祉施設もアニマルセラピストの活躍の場といえるでしょう。

アニマルセラピストが活躍できる場所とは?

アニマルセラピストの就職先の種類や活躍の場について、それぞれ解説していきます。

アニマルセラピストの就職先の種類

現在の日本において、アニマルセラピスト単独としての雇用は少ないのが実状といえます。そのためアニマルセラピーに関連する場所で、ほかの業務と並行してアニマルセラピーに携わる働き方が一般的でしょう。

具体的な就職先の種類としては、医療機関や介護施設、障がい者施設などが代表的です。

実務においては、介護やリハビリ、福祉の分野の資格も取得しておくことが望ましいでしょう。

活躍の場①医療機関

医療機関はアニマルセラピストの活躍の場の代表格です。ホスピスや精神科などを中心に、入院患者をおもな対象者として活動します。

ホスピスとは、末期がん患者などに対して、肉体的・精神的なつらさの緩和を目的とした場所です。緩和ケア病棟とも呼ばれます。

また小児科病棟においても、長期入院中の子供たちにアニマルセラピーをおこなう場合があります。

医療機関におけるアニマルセラピストの活動は、患者のストレス緩和が主要といえるでしょう。

活躍の場②福祉施設

医療機関と並んで、アニマルセラピストの活躍の場といえるのが、福祉施設です。福祉施設の種類はさまざまで、高齢者施設や障がい者施設など多岐にわたります。

老人ホームやデイサービスといった、高齢者施設でのアニマルセラピーは、生活の質の向上が目標です。

アニマルセラピーが、ケア対象者のリハビリへの意欲向上につながることもあります。

またアニマルセラピーによって、引きこもりや対人恐怖の改善される場合もあります。そのため定期的にアニマルセラピーをおこなっている障がい者施設も多数です。

心のケアを特に必要とする福祉の現場は、アニマルセラピストの活躍が期待される場といえるでしょう。

アニマルセラピストの活躍の場についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。アニマルセラピストは、動物の力を借りて人々の健やかな生活の手助けをする職業です。

ケアの対象者や関心のある分野から、アニマルセラピーの活動先を選択するのもよいでしょう。