アニマルセラピストとしての適性と必要なスキル

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストの適正を知りたい人
・アニマルセラピストに必要なスキルを知りたい人

アニマルセラピストの適性としては、動物好きで福祉活動への関心が強いことがあげられます。

また忍耐強くおおらかであることも、アニマルセラピストに向いている要素といえるでしょう。

スキル面においては、セラピーアニマルの管理スキルが必要とされます。

このほか心理学や社会福祉の知識も、アニマルセラピストとして身につけておきたい事柄です。

こんな人はアニマルセラピストに適性あり

アニマルセラピストに適性がある人の特徴をそれぞれ解説していきます。

動物好きで福祉活動に関心がある

アニマルセラピストは、ケアの対象者と動物の仲介役です。そのため動物好きであることは、アニマルセラピストとして大切な資質であるといえるでしょう。

また病院や福祉施設での活動が多いことから、福祉活動に関心が強い人もアニマルセラピストに適性があるといえます。

アニマルセラピストは、ボランティアとして活動することが一般的です。

動物を通して福祉活動をおこないたい場合は、ボランティアに応募してみるとよいでしょう。

忍耐強くおおらか

忍耐強くおおらかである人も、アニマルセラピストに適性ありといえるでしょう。

動物と一緒に行動する場合、思った通りに動けなくなることがままあります。

どんな時でも忍耐強く、どっしりと構えていられる人は、動物との活動も円滑に進められるでしょう。

また動物は人の心の機微に敏感です。アニマルセラピストがおおらかであれば、動物は安心して行動を共にできるでしょう。

おおらかさは、ケアの対象者に安心感を与えるためにも必要な資質といえます。

アニマルセラピストに必要なスキル

アニマルセラピストに必要なスキルを、大きく2つにわけて解説します。

セラピーアニマルの管理スキル

アニマルセラピーは、セラピーアニマルとアニマルセラピストが二人三脚でおこなう心のケアです。

両者が力を合わせて対象者に十分な癒しを与えるためには、セラピーアニマルの健康管理やしつけが欠かせません。

セラピーアニマルを適切に管理することは、アニマルセラピストに必要なスキルです。

またセラピーアニマルのそれぞれが持つ特徴や生態に関する知識も、習得しておきたい事柄といえます。

心理学や社会福祉の知識も身につけたい

アニマルセラピストの訪問先は、医療機関や福祉施設が中心です。

訪問先の高齢者や、障がいを持つ人への理解を深めるために、心理学や社会福祉の知識を習得しておくとよいでしょう。

心理学や社会福祉の知識は、ボランティア活動をおこなううえでも身につけておきたいものといえます。本や通信講座などを利用して、積極的に知識を取り入れましょう。

いかがでしたでしょうか。動物好きで、動物と共に社会福祉に貢献したい人にとって、アニマルセラピストは理想的な職業といえるでしょう。