ペットショップでの女性の働き方

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップ店員で女性としての働き方を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

かわいくて、子供のような存在の動物たちをお世話、販売するペットショップでは女性が多く働く店舗も多くあります。

女性と言えば、若いうちはいいですが人生のライフステージが変化すれば働き方も変化することも多いです。

この記事では、ペットショップでの女性のキャリアの描き方についてご紹介していきます。

ペットショップで女性が働くもたらすメリット

女性がいてよかった、と思われる事はペットショップではたくさんあります。

キャリアについて解説する前に、女性だからこそもたらされるメリットをご紹介します。

来店者に安心感を与えられる

ペットショップに来る方は、老若男女問わずですが「家族」「1人暮らしの方」色々です。

女性が対応することによって、(ごり押ししないことが前提ですが)顧客に対して安心感を与えることができます。

動物を飼ったことがない方、ペットショップに来るのがすごく久しぶりで悩んでいる方などに対して安心してもらえる可能性が高くあります。

動物たちの体調の変化に気づきやすい

女性は生まれ持って子育てする機能を男性より持っている事が多いそうです。

そのため、少しの動物たちの体調の変化を気づきやすかったりするのです。

  • 少しでもいつもより餌を食べない
  • 元気がいつもよりない
  • トイレがいつもと少しちがう

こういった少しのことでも体調の変化を察知しやすい、気づきやすい性質が女性には強くあるといわれています。

ペットショップでの女性のキャリアの描き方

女性と言えば働くキャリアは大きく分けて二つあります。

  • 「結婚」「出産」「育児」が理由で家族を大事にしつつ、働く方法
  • 働くことが大好き、生きがいでバリバリ働き続ける方法

これらのどちらかに該当するかによってキャリアの描き方が変わってきます。

アルバイト・パートとして働く道

家庭を大事にしたい、でもこれまで通りペットと関わり続けたい、関わる仕事をしたい方はこれに該当します。

これまで正社員として働いていても、家庭の方が大事にしたい、ということであればアルバイト・パートへ変更することも出来ます。

(*ほとんどのペットショップでは受け入れているそうですが、店舗によって異なるのでお店に問い合わせしましょう。)

責任者クラスまで上り詰める道

仕事が大好きで、もっともっと稼ぎたいということであれば、1人で生計を立て続けるのもよし、家庭を持っても自分が主体となって稼ぐのもよしです。

ペットショップで店舗運営を任される責任者クラスを目指す、というのもステキなキャリアです。

ペットショップでひたすら接客をしたいという方の場合は店舗にとどまるのもいいですが、もっと上層部で運営したいという方は裏方に回っていくという方法もあります。

ペットショップの社員=接客のみ、というわけではないのでキャリアを積むのには多岐に渡る道があり、どこに行くのか自分で選択することができます。

まとめ

女性ならではの転機によって働き方はたくさん変わっていきますが、どの道を選択するかは自分自身です。

何を大事にするかを考えて、そのとき時で選択していきましょう。