アニマルセラピストを養成する専門学校のメリットデメリット

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストの専門学校のメリットを知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

アニマルセラピーの仕事は必ずしも学歴を問われず、特に必須となる資格もないため専門学校に通わずにアニマルセラピスト認定を受けて活動することが可能です。しかし、知識や技術を学んで腕を磨いていくに越したことはありません。

就職先で活躍していくために役立つ様々な知識や人との接し方について学ぶことができ、メリットが多いように感じられる専門学校ですが果たしてデメリットはあるのでしょうか?

アニマルセラピストを養成する専門学校のメリットデメリット

アニマルセラピストを目指して通う専門学校についてメリットとデメリットを併せて順番に解説していきます。

アニマルセラピストを養成する専門学校について

専門学校では、2年間という短い期間の中で実習をメインとした授業を行い、セラピー犬の飼育や訓練を行いながらもセラピストとして高齢者や障害を抱えた人の心理と接し方について学んでいきます。

基本となる知識や技術に合わせてセラピー犬との実践的な実習によってプロとしての技術力を身に着けることが出来ます。

更に、学校によってはアニマルセラピーの資格取得以外にも、トリマーやトレーナーなどの受験資格も一緒に取得することが可能で、なおかつ就職までのサポート体制が整っている学校が多いため、就職活動もスムーズに卒業後は動物業界で幅広く活躍することができます。

専門学校のメリット

専門学校に通った場合は動物関連の職業に就きたいけれど具体的なビジョンが決まっていない時であっても、2年間で多数の動物関連の資格取得ができること、先生から直接指導を受けることが出来、成績によって自分の実力を確認することが出来るのはとても大きなメリットであると言えます。

また、アニマルセラピストとして活躍していくためには実習で経験値を上げていくことがとても重要となってくるため、専門学校であれば学習や経験を効率的に行うことが出来ます。

専門学校のデメリット

専門学校のデメリットとしては、実習がメインとなってくるので、知識を増やして吸収していくためには、ある程度自分でも勉強しておけるような自主性が大切になってきます。

また、専門学校に通うために発生する多くの費用は避けて通ることが出来ませんので計画やプラン等も考えておかなければなりません。

いかがでしたか?

アニマルセラピーとして有利になる資格を多数取得することもでき、メリットが多く感じられる専門学校ですが、デメリットもあります。

進学前にメリットとデメリットの把握をし、最も自分に合った学校を選んでみてくださいね!