アニマルセラピストが学校で勉強すること・学生生活とは?

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストになるための学生生活を知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

アニマルセラピーにはウサギやイルカ、猫などの人間と喜怒哀楽を共に行うことが出来るような哺乳類が用いられていることが多いのですが、アニマルセラピストを養成する学校では主に犬を対象とした授業が行われています。

アニマルセラピストが学校で勉強すること・学生生活とは?

アニマルセラピストを目指している人たちが学校で勉強することと送っていく学生生活について説明していきます。

アニマルセラピストを目指して学校で勉強することとは?

アニマルセラピスト専攻を設けている学校によっては、一人一人に担当する動物が与えられ、毎日自分が担当する動物との触れ合い、散歩、食事、健康管理などの世話を行います。

その他、重要となるセラピー犬の訓練では適切な指示の出し方、ほめ方、遊び方、更には犬の気持ちを汲み取ることが出来るような課題を毎回見つけこなしていくことによって技術が磨かれていきます。

そして実習では子供やお年寄りなどに動物を通じて癒しを与えられるようになるため、高齢者施設や障害者施設、幼稚園などへの訪問活動を行います。

また、障害を持つ人たちについての理解を増やしていくと共に、人への接し方を学びながら介護技術を習得していくことができ、アニマルセラピーから様々なレクリエーションの企画まで実践することのできる福祉の専門家となるための勉強を行っていきます。

アニマルセラピストになりたい人たちが送る学生生活とは?

アニマルセラピストになりたい人たちが送る学生生活の中では、学校の企画としてアニマルセラピーを志すもの同士でアニマルセラピー啓発活動を行ったり、動物愛護センターのイベントに参加し保護犬の譲渡や保護状況の現状について勉強することがあります。

同じ夢を志す学校の仲間と協力し合い、心配事は共有して解決しながら様々な地域活動を行うことによってコミュニケーション能力やリーダーシップ能力が身に付き濃い学生生活を送っていくことができます。

更に学校によっては授業の一環として合宿や研修旅行も行っていることがあるので、同じ時間を共に過ごす中でより深い絆を築いていくこともできるでしょう。

いかがでしたか?

アニマルセラピストを養成する学校では、動物の事以外にも人との繋がり、福祉についての事から社会生活を送る上で大切な一般常識まで学ぶことが出来ます。

同じ夢を志す仲間たちと支えあいながら送る学生生活はきっと充実した日々になることでしょう。