アニマルセラピストの働き方って?勤務時間は?休みは?

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストの働き方を知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

アニマルセラピストと聞くと、色々な施設に訪問して病気を治療する方や、高齢の方の心を癒やす存在とイメージする人も多いのではないでしょうか。

どこに行くのかはなんとなくイメージしても、実際どれくらい働いていつ休むのかあまり知られていない職業です。

この記事では、そんなアニマルセラピストが一日何時間ほど働いて、いつ休んでいるのかということについて解説していきます。

アニマルセラピストってどんな仕事?

アニマルセラピストとは、精神疾患を患っていたり、何らかの病と闘っている方を癒やすためのセラピードックと共に行動し、アニマルセラピーを行う仕事です。

基本的には人の心を癒やすお仕事で、セラピードックを連れて行ってOKな場所にしか行かないため、どこに行っても皆さん喜んでくれるそうです。

訪問先について

では、セラピードックとどこに行くのか、下記ほんの一例をご紹介します。

  • 老人介護施設
  • 障害者施設
  • 学校施設(小学校・中学校・高校など)
  • 一般企業
  • 病院
  • 養護施設
  • ホスピス

このように多岐に渡る施設へ訪問するのがアニマルセラピストです。

訪問時以外は何をするのか

では、施設にセラピードックとともに訪問しているとき以外は何をしているかご存じですか?

基本的には、セラピードックの犬舎を掃除したり、餌をあげたり、訓練をしているのです。

また、まだまだアニマルセラピーという行動がどういった幸福感をもたらすのか知られていない状況でもあるため、イベントの啓発活動・告知作業を行ったりすることもあります。

アニマルセラピストの働き方について

アニマルセラピストは「正社員」として働くか「アルバイト・パート」で働くかによっても働く時間、休日は変わってきます。

現在多数の求人がアルバイト・パート採用であるため、正社員として働きたい場合は日頃から細かく求人をチェックしておく必要があります。

1日どれくらい働くのか

正社員の場合、朝7時ごろに出勤して20時には終了、帰宅という流れになります。

どの地域で働くのかにもよりますが、朝はセラピードックのペースに合わせるためどうしても出勤時間は早くなりがちです。

アルバイト・パートの場合、ポイントでの仕事となるため3時間で終わることもあり、5時間働くこともあります。

就業時に1日何時間働けるのか交渉することが大切です。

いつ休むのか、休日事情は?

休日は土日休みの就業所、平日休みの就業所とさまざまです。

土日休みの勤務先よりも、平日休みの勤務先の方が割合多くあるため、どうしても土日休みたい方の場合は随時求人をチェックしておきましょう。

また、年間休日は105日~110日程度と他の一般職種と大差はありません

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アニマルセラピストとは、独特の働き方にはなりますが、触れあう方が皆さん喜んでくれるのでやりがいは抜群です。

どれくらい仕事に1日の時間を注げるのか検討した上で職業選択しましょう。