動物看護師の1日の仕事スケジュールとは?

動物看護師の仕事は、1日のスケジュールがだいたい決まっています。動物病院は午前診察と午後診察に分かれている場合が多いですが、仕事をしているのは診察時間だけではありません。

午前診察終了後に手術や薬浴シャンプーをしたり、時間外に急患が運ばれてくることもあり、夜から手術を行う場合もあります。動物病院ではたくさんの動物が来院し入院しているので、動物看護師の1日の仕事スケジュールは忙しいことが多いです。

動物看護師の1日の仕事スケジュール

具体的な1日のスケジュール

動物看護師の1日の具体的なスケジュールを箇条書きにします。動物病院の規模や急患の有無でも変わりますが、一例として提示します。

  • 08:00~09:00 朝出勤してから準備~午前診察が始まるまで
  • 09:00~12:00 午前中の診察の補助
  • 12:00~16:00 手術や処置、昼休み
  • 16:00~19:00 午後の診察の補助
  • 19:00~20:00 午後診察終了後の片付け~退勤まで

ここからはそれぞれの時間帯の具体的な業務内容を解説していきます。

朝出勤してから~午後診察が始まるまで

朝病院に来るとまず制服に着替え、入院の動物のお世話をします。1匹ずつの排便排尿やごはんの量、飲水量などをチェックするのはもちろん、入院している子の病気は様々ですので、それぞれの状態も昨日とはどこが違うか変わりはないかを見て、獣医師に報告する必要があります。

他には受付の準備(パソコンの立ち上げ、カルテの整理、レジの確認など)や洗濯や掃除、備品の補充など診察が始まるまでの準備を行います。

午前診察

午前診察が始まると診察室で獣医師の補助に入ったり、各種検査や調剤、受付や電話対応などの仕事をします。動物看護師の仕事は、獣医師からの指示で動くだけでなく、仕事を円滑に進めるため自発的に行動することも大切です。

手術や処置

午前の診察が終わると、本日予約が入っている手術を行います。手術の内容によって使用する器具なども違うのでその準備をしたり、手術する動物の術前の検査や毛刈りをします。手術の場面では獣医師の助手に入ります。

手術の予約がない場合でも、入院している動物の処置や検査をしたり、皮膚にトラブルがある動物の薬浴シャンプーを行うこともあります。検査用紙の記入をしたり、フードや備品の在庫の発注など細かい仕事もたくさんあります。

また午前中の診察後には院内の掃除なども行い、業者対応もこの時間帯にすることが多いです。

お昼休憩はこの時に順番交代で入ります。

午後の診察

午後の診察も午前と同じように様々な仕事をします。午後に来院する動物で病状が重かったりすぐに手術が必要な場合は、午後診察後に処置や手術を行うことがあります。

診察終了後~退勤まで

1日の診察が全て終了すると、院内全体の片付けや掃除をします。カルテの整理やレジの集計などを行ったり、掃除や洗濯、入院の動物のお世話、明日の予定の確認などを行います。全てが終わると1日の仕事は終了です。

動物看護師の1日の仕事スケジュールをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?仕事内容はたくさんあり、忙しい時は休憩もゆっくりできない場合もありますが、とてもやりがいのある仕事です。

動物看護師の1日のスケジュール

動物看護師の1日の具体的なスケジュールを箇条書きにします。動物病院の規模や急患の有無でも変わりますが、一例として提示します。

  • 08:00~09:00 朝出勤してから準備~午前診察が始まるまで
  • 09:00~12:00 午前中の診察の補助
  • 12:00~16:00 手術や処置、昼休み
  • 16:00~19:00 午後の診察の補助
  • 19:00~20:00 午後診察終了後の片付け~退勤まで