気になるブリーダーの就職先の種類や活躍できる場は?

この記事はこんな人向け!
・ブリーダーに興味がある人
・ブリーダーの働き方を知りたい人
・ブリーダーという職業を知りたい人

いざブリーダーになろう!と決めても、いったいどんな就職先があり、実際に活躍する場所はあるのか、気になるところですので紹介していきます。

就職先の種類

ブリーダーとして就職先はどんな所があるのか、業種形態について紹介していきます。

専門犬舎

専門犬舎とは犬種を絞った繁殖を行い、特化した専門ブリーダーの事をいいます。選択した犬種について、基本的な犬種基準、いわゆるスタンダードに最も近い犬を作りあげます。

ミックス犬が増える中、本来の犬種の基本系が消滅する事を防ぐことで純血種の保存的要素を守る専門ブリーダーです。

ペットショップ

ホームセンターに併設されている、ペットショップから路面店で単独に経営しているペットショップなどあります。

ブリーダーの直営店やオーナーなどが開業しているペットショップで働くことで、犬の管理や繁殖・販売に至ります。

個人ブリーダー

自宅で、繁殖をしながらインターネットやチラシを配布したり、繁殖から営業・販売まで全て一人で行う個人ブリーダー。

扱う犬の頭数により、雇うところもありますが個人でブリーダーとして開業するケースがほとんどです。

活躍できる場所

ブリーダーとしての活躍の場は、ペット産業も盛り上がる中広がりを見せています。

その中で自分が目指す場所をしっかりと見極め活躍することが大切です。

ドックショー

全国各地でJKC主催のドッグショーが開催されています。

ブリーダーは犬の知識を持ち合わせ、お世話を行うことが出来るので、ドックショーに出場する犬の面倒を見るなど活躍の場は広くあります。

自身でこだわって、力を入れたい犬種があるならばドックショーに関わる仕事をして、経験を積みながら専門犬舎を目指すことが出来ます。

オークション

ブリーダーが子犬を卸す場所にオークションがあります。犬の事を詳しく知らないと、出来る仕事ではないため、大きな犬舎で働き子犬の仕入に関わり活躍することが出来ます。

純血種を守るために、子犬の体格や歯のかみ合わせなどチェック項目を見極める力が必要になり、ブリーダーとしての知識を持つことが重要とされ、活躍しながら経験値をあげることもできる場所と言えるでしょう。

ブリーダーとして就職先や活躍の場は年々増えていますが、将来的にどうなりたいのかをきちんと決めて進むことが大切です。

目指す先の知識や経験を学ぶことで、独立や開業に向けて準備が出来ます。

現在、対面販売は義務づけられているので、子犬にも負担のないように考えて販売することが大切。

直接引渡しとなった昨今では、飼い主さんに犬の飼い方についてアドバイスや相談にのることもブリーダーが担う仕事になっていき活躍の場は広がりを見せています。