動物看護師は副業で働けるのか?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師に興味がある人
・動物看護師の副業を知りたい人
・動物看護師という職業を知りたい人

動物看護師として働いている、主にパート・アルバイトの方で「思っていたお給料が安定しない」という、悩みを持っている方も多いようです。

どのような業種でも、お給料面の不満や不安はありがちですよね。

そこで、出てくる解決方法として「副業」が思い浮かんだ方もいらっしゃるかと思います。特に正社員の動物看護師として働いていてる方は、副業をする事はできるのか、分からない点もあるかと思います。

今回は、動物看護師は副業ができるお仕事なのか?についてお話いたします。

動物看護師は法律上副業可能です

法律上では、労働者の副業は雇用形態が正社員だったとしても、可能です。

したがって、動物看護師として正社員で働いていたとしても、法律上は副業が可能です。

しかし、法律とは関係なく、副業が禁止されている場合があるので注意が必要です。

動物看護師は施設の就業規則によって副業できない可能性も

すでに動物看護師として働いている方で副業を考えているという方は、まず働いている施設の就業規則を確認してみましょう。就業規則に副業に関して記載がある場合は、それに従わなければいけません。

したがって、副業を禁止されているにもかかわらず、副業をしてしまっていた場合、何らかの罰則が科せられる可能性があります

副業を禁止している場合でも、特別事項などで副業が可能な場合もあるので、そちらも必ず確認しておきましょう。

①今から動物看護師と副業をしたいと考えている方へ

今から副業をしながら動物看護師として働きたいという方は、必ず双方の許可を得てから始めるようにしましょう

副業がダメという会社もあるので、事前に確認が必要です。

正社員の動物看護師は忙しく副業が難しい

動物看護師は、アルバイトやパートの場合、必ずしもフルタイムや決められている曜日で勤務する必要が無く、基本的にシフト制での勤務です。

しかし、正社員の場合、フルタイムでの雇用が一般的で、お給料もアルバイト、パートに比べると安定しています。その分責任も重くなってきます

残業も多くなる傾向にあるので、副業できる時間は限られ、身体を休める時間も少なくなってしまうため、正社員の動物看護師として働いている場合、副業はお勧めできません

動物看護師が副業を始める際の注意点

副業先も副業可な場所を選ばなければいけません。

主として働いている動物病院などでの就業規則で、副業が可能となっていたとしても、副業先が副業不可となっている場合もあります

副業をする場合は、副業先の就業規則も事前に確認しておかなければいけません。

双方に迷惑をかけないよう体調管理が重要

動物看護師として働いている施設にも、副業先にも迷惑がかからないように、体調管理は大変重要となります

無理な勤務は体調を崩す大きな原因となりますので、副業を始める前に、休める時間は充分にあるかどうかを必ず調整したうえで、副業を始めましょう

年末調整や確定申告を行う

年末調整の手続きは1か所のみです。動物看護師と副業で給与に差がある場合、多く貰っている方の会社で年末調整を行ってもらうのが一般的です。

また、年末調整で申告できていない副業の収入は、年収20万を越える場合、所得税を確定させるための、確定申告を行わなければいけません。

これらの申告の詳細については、国税庁の相談窓口にて、詳しく教えてもらえます。

国税庁相談窓口:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shirabekata/9200.htm#a02

まとめ

いかがでしたか?

動物看護師は、大切な命を扱うお仕事です。

副業をして休める時間もなく、疲れが残っている事によって起こるミスもあります。

飼い主の大切な家族を危険な目に合わせてしまったという事にならないよう、副業をする場合は、休息できる時間を十分に確保した上で行いましょう。

ハーナスバナー