ブリーダーの年収はいくら?ブリーダーの仕事についてご紹介

この記事はこんな人向け!
・ブリーダーに興味がある人
・ブリーダーの年収について知りたい人
・動物の繁殖に興味がある人

ブリーダーの平均年収は210~250万円程度です。ペット業界の平均年収に比べると少し低い傾向があります。ブリーダーは中小企業が経営していることが多く、福利厚生もあまり整っていないことが多く、勤務したばかりの頃は苦労することもあるかもしれません。ただ、独立をして、経営がうまくいくと年収300~400万円程度まで上がるケースもあるようです。ブリーダーは生体を扱う仕事なので、大変なことも多い仕事です。就職を希望している時には、ブリーダーの給料面だけでなく、メリット・デメリットも踏まえて考えてみましょう。

ブリーダーの平均年収はいくら?

ここでは、ブリーダーの平均年収はどのくらいなのかご紹介します。

平均年収

ブリーダーの平均年収は170~250万円程度です。一般企業の平均年収に比べると低い傾向があります。さらに、ペット業界の平均に比べても低くなっています。ブリーダーの平均年収はボーナスの有無により異なります。ブリーダー業界の中でもトップブリーダーが活躍している企業では給料が他より高く設定されていることが多いので、平均年収も高くなるようです。ブリーダーとして勤務したばかりの場合は、月給が低いため年収も平均よりは低くなります。

平均月給

ブリーダーの平均月給は15~17万円程度です。月給も他の企業に比べて低い傾向があります。さらに、住み込みなどで働くケースも多く、食費や生活費などが引かれてしまい、手元に残るお金は一桁になってしまうこともあるようです。勤務年数を重ねていくと、徐々に給料が上がるようですが、昇給の有無や金額は勤務先により異なります。就職前に、引かれる金額や昇給の有無なども確認しておくことがおすすめです。

ボーナスの有無

ブリーダーのボーナスの有無は勤務先により異なります。ボーナスの有無により年収がかなり変動します。ブリーダーは勤務態勢や給料がペット業界でもあまり整っていないことが多いため、ボーナスが出る場所を探すことをおすすめします。ボーナスが出る場合でも、企業の経営状態や、勤務態度などにより変動することもあるので、どのくらいもらえるかどうかは勤務先により異なります。

福利厚生は?

ブリーダーの福利厚生は、あまり整っていないことが多いです。まだまだ発展途中の企業が多く、中小企業での経営が多いため、休みや勤務時間、給料などがあまり良くないケースがあります。ただ、給料や勤務時間などは動物看護師やトリマーなどの他の職種も同様で、残業が出ない場合も多くあります。

ブリーダーの仕事は、生体を管理するだけでなく、動物の知識も必要となります。さらに出産後は寝る間も惜しんで動物の世話をしなければいけません。やりがいももちろんありますが、就職する企業によっては方針の違いにより納得いかないことも多くあるでしょう。ブリーダーの給料面だけ見るのではなく、メリット・デメリットも踏まえて考えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。