ブリーダーの就職先の選び方や求人状況について

この記事はこんな人向け!
・ブリーダーに興味がある人
・ブリーダーの就職先を知りたい人
・ブリーダーの求人状況を知りたい人

ブリーダーとして働きたいという方の中には

  • 就職先の選び方が分からない
  • 求人状況はどうやって確認するのか

などについて、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

ブリーダーの仕事の求人募集はあまり多くないのですが、実は、特定の企業や犬舎では、常に募集がかけられているという事をご存じでしょうか?

今回は、ブリーダーとして働きたい方は必見!ブリーダーの就職先の選び方や現在の求人状況についてご紹介いたします。

ブリーダーの就職先の選び方について

では、ブリーダーの就職先の選び方について、ご紹介いたします。

転職や離職率について書いた記事はこちらにありますので、合わせてお読みください。

ブリーダーの転職や離職率についてはこちら

楽しいだけではない?ブリーダーの転職事情

2020年12月17日

悪質ブリーダーに気を付ける

ブリーダーの中には、親となる個体のお世話をないがしろにし、ただ出産させるためだけの目的で扱っている悪質な企業もある事を、知っておきましょう。

そのような場所へ就職してしまった場合、あなたにとって、とてもストレスになる環境での飼育・仕事をしなければいけない可能性もあります。

お仕事に応募する前に、必ずその企業が動物に対して愛護精神を持っているのか、そこの企業で自分が理想としているブリーダーになれるかどうかなど、しっかりと見極めを行いましょう。

また、犬舎内の見学ができる企業もあります。見学が可能な企業へ応募する場合は見学の際に、動物の飼育の様子や衛生管理面などのチェックなどもしておきましょう。

社長(師匠)と考え方や価値観が合うかどうか

あなたの師匠となる方と、考え方や価値観が合わなければ、就職が決まったとしてもあなた自身が立派なブリーダーとして成長できない可能性もあります。

正しい知識、動物の接し方などをきちんと指導してくれる師匠や上司とお仕事をする事によって、あなた自身の成長にもつながります。

扱っている動物で選ぶ

あなたが将来、独立した時に関わりたい動物をブリーディングしている会社へ就職する事がおすすめです。

(例えば、将来ボーダーコリーのブリーダーとして独立したい方は、ボーダーコリーをブリーディングしている企業を選ぶなど…)

扱っている動物は通常求人募集欄に記載されています。記載されていない場合は、電話やメールなどで問い合わせてみましょう。

ブリーダーの求人状況のご紹介

ブリーダーの現在の求人状況を確認できるサイトは以下の通りです。

ブリーダーの求人は、タイミングが良ければ、求人サイトやハローワークでも掲載されています。

多く募集されている訳ではないので、定期的にチェックしておくことをおすすめします。

また、ドッグショー、キャットショーなど、動物に関わる方が集まるイベントに行った際に、ブリーダーの方と知り合いになり、紹介してもらえる事や、直接声をかけてくれる事もあります。

そして、就職したいと思っている企業へ直接募集の有無を確認する事も大切です。

まとめ

いかがでしたか?

あまり求人募集が多くないブリーダーのお仕事は、就職先選びも失敗したくないですよね。

ブリーダーの就職先選びで一番大切なのは【妥協しない事】です。募集が少なく、やっと見つけた場所で、あまり自分の方針と会わないけど次があるかどうかも分からないと不安になるのは分かりますが、自分の方針と会わない場所で働く事はとてもつらい事です。

本当にここで働きたい!と思った企業とお仕事をする事を目標にして、就職先探しを強いましょう!