ブリーダーの通信講座のメリット・デメリットとは?

この記事はこんな人向け!
・ブリーダーに興味がある人
・ブリーダーになるために学校での勉強内容を知りたい人
・ブリーダーの学校があるのか知りたい人

一昔前のブリーダーは、学校などに通わず、ベテランブリーダーの元で修行をし、実際に体験しながら学ぶという事が主でしたが、近年では、専門学校に通う方や通信講座で学ぶ方も増えてきています。

ブリーダーを目指している方の中には、安く受講する事のできる、通信講座での勉強も視野に入れているかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ブリーダーの通信講座について、メリットとデメリットをご紹介いたします。

ブリーダーの通信講座のメリット

ブリーダーの通信講座の大きなメリットは、専門学校に比べて費用がかなり安いという点です。

その他にもメリットはいくつかありますので、見ていきましょう!

安い費用で学ぶことができる

ブリーダーの通信講座の費用相場は9万~10万程度です。

専門学校の学費がおよそ150~200万に比べると、断然安く学ぶことができます。低費用を重視している方には通信講座がおすすめです!

短期間で資格取得が可能

通信講座の場合4ヶ月~12ヶ月の短い学習期間で学習する事が可能です。

専門学校だと1年~2年はかかるため、時間に余裕がない方は通信講座がおすすめです!

働きながら隙間時間で学習が可能

通信講座は、学習時間の縛りがなく、自由に勉強することができます。

そしてどこにいても学習できるため、仕事の休憩時間などでも学習が可能です!

資格取得ができる

もちろん、通信講座でも資格を取得する事が可能です。

取得できる資格に関しましては、利用する通信講座によって異なりますが、全ての通信講座に共通する事は、ブリーダーになるために役立つ資格を取得できる事です。

ブリーダーの通信講座のデメリット

では、ブリーダーの通信講座のデメリットをご紹介いたします!

自分が実際に通信講座を受講する時をイメージしながら読み進めて行ってください。

自分でスケジュールを立てなければいけない

ブリーダーの通信講座は、自由な時間に学習する事ができるメリットがある半面、自分で計画を立て、管理しなければいけないため、後回しになってしまいがちです。

実技が少ない/できない

ブリーダーの通信講座では、知識中心の学習がメインになります。

実技はほんの一部、または実技学習を取り扱っていない通信講座もあるため、どうしても実技能力が不足してしまいます。

疑問点・不明点をすぐに質問する事ができない

講師の方と、面と向かっての授業ではなく、質問がある場合電話やメールでの問合せになります。

そうすると、返事が来るのに時間がかかったり、どうしても上手く伝えられないなどの問題も生じるなど、レスポンスが悪い点もデメリットです。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると、

ブリーダーの通信講座に向いている方は、

  • 安い費用で学習したい
  • 近くに専門学校が無い
  • 交通費を安く済ませたい
  • 働きながら学習したい

など…

ブリーダーの通信講座に向いていない方は、

  • しっかりとした学習がしたい
  • 自分で予定を立てるのが苦手
  • 実技を沢山受けたい

専門学校か通信講座で悩んでいる方は、まずは、自分がブリーダーの通信講座に向いているか・向いていないかをチェックしてみましょう!