動物介護士とは?仕事内容や資格などご紹介

この記事はこんな人向け!
・動物介護士に興味がある人
・動物介護士の仕事内容や資格について知りたい人
・動物に関わる仕事を知りたい人

動物介護士とは、ペットの健康管理やグルーミング、お手入れなどをする仕事のことで、医療の知識も必要ですが自宅での介護やケアに特化しています。シニア期にかかりやすい病気や気をつけなければいけない病気などの知識や、老化についても知っておかなければいけません。人の高齢化だけでなく、ペットの高齢化も進んでいる時代です。動物介護士は需要のある仕事の一つです。

動物介護士の仕事内容をご紹介

ここでは、動物介護士という仕事についてご紹介します。

動物介護士の仕事とは?

動物介護士とは、シニア期に入った動物たちのケアや管理をしていく仕事です。シニアに入った動物たちがのびやかに生活するためのサポートをします。現在の健康管理だけでなく、病気の早期発見を心がけ、的確な処置をすることも仕事の一つです。

他にも、動物の爪切り、耳そうじ、シャンプーなどのグルーミングも行います。シニア期に入った動物は免疫力が低下するため、日常ケアを怠ると病気になりやすくなります。そのため、疲れないように素早くグルーミングを行うことも必要です。

動物は言葉を発すことができません。「ここが痛い」なども言うことができないため、常に観察し、病気を早期に発見し、すみやかに処置を行うことが大事になります。

動物介護士の活躍場所

動物介護士の活躍場所は、動物病院、ペットホテル、老犬ホームなどです。動物病院では、入院中の動物の健康管理や処置などが多くあります。動物病院で勤務する場合は、動物看護師の資格を持っていると有利ですが、経営者次第で資格を持っていなくても働くことは可能です。できる処置は動物看護師とは異なりますが、動物介護士の資格を持っているだけでも役立ちます。

ペットホテルでは、いろんな犬を預かります。健康的な動物から、投薬などの処置が必要な動物、シニア期に入った動物などさまざまです。動物たちのお世話をするため、動物介護士の資格は役立ちます。

老犬ホームとはシニア期に入った犬が入居する施設で、介護が必要な犬たちを預かっています。家族が働いており介護ができない場合などに預けている方が多く、本格的な介護をすることになります。食事や排泄の世話、運動のサポートなどさまざまなことを行います。

動物介護士はこれらの場所で活躍が期待されている仕事です。

動物介護士の資格は?

動物介護士の資格は、いくつかの民間資格があります。小動物介護士、ドッグヘルパー、ペット介護士、老犬介護士などがあり、基本的に講座を修了し、試験を受ける形がほとんどです。通信講座で受講が可能なものもあるため、空き時間を利用して資格を取得することもできます。資格を取得しておくことで、ペット業界での就職は少し有利になります。ペット業界の就職を希望している場合は、資格の取得を検討してみてもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。