ペットショップで働くためには資格が必要?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップで働くために必要な資格を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

ペットショップで働きたいという場合、ペットショップではあなたが担当したいと考えているお仕事によっては、資格が必要となる場合も…。

そこで、今回は

  • どんな担当だと資格が必要となるのか?
  • 資格がいらない仕事は?

上記の2つについてご紹介いたします。

資格は必要?ペットショップの資格事情

ペットショップで働くために、資格は必要になるのでは?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、ペットショップで働くために必要とされている資格は基本的にはありません。

実際に無資格の方もたくさん働いているので、何の資格もないという方でも、ペットショップで働きたいという夢を諦めてはいけません。特に、ペット用品などの商品を販売する場合は、特に必要な資格はなく、誰でも応募する事ができます。

しかし、ペットショップではいくつか担当が分かれており、担当したい業務によっては、資格が必要となる可能性もあるので、チェックしておきましょう。

トリマーを担当したい!トリミングの技術と知識が必要

それほど多くはないのですが、トリミングの資格が無くてもトリミングの技術があるのであれば、採用されている所もあります。しかし、多くの場合、トリミングの資格を必須としている所が多いのが現状です。

そして、全く技術が無く、経験もないという方の場合は、ペットショップでトリマーとして働くのは難しいでしょう。

まれに、働きながら技術を学ばせてくれる所もありますが、本当にまれなケースなので、ペットショップでトリマーとして働きたいと考えている場合は、トリミング資格を取得する事も視野に入れておきましょう。

生体管理・生体販売は無資格でも担当できる

生体管理を担当する場合、無資格でも担当する事ができます!しかし、実際に1人で任されるまでには、生体の勉強や管理方法などをきっちりと学ばなければいけません。

また、生体販売の場合で特に無資格の方はベテランさんのお手伝いのような業務で、生体を実際にお客様へ引き渡す際の説明や手続きは、基本的には資格保有者やベテランさんがおこなう仕事です。

この資格を持っていればペットショップの就職に有利!

ペットショップの中でも、生体販売を担当したいと思っている方が持っておくと良い資格は以下の通りです。

  • ペット販売士
  • 愛玩動物飼養管理士
  • 動物看護師
  • ドッグトレーナー
  • ペットシッター

など…

また、これらの資格は、資格が欲しいけど、専門学校に行くお金がない、専門学校が近くにないなど、専門学校へいけないという方は通信講座で資格取得する事もおすすめです!

まとめ

いかがでしたか?

ペットショップで働くために必要な資格はありません。

しかし、生体を扱うお仕事を担当したいのであれば、それに関係する資格を1つでも持っておくと、就職にも有利となります。

また、トリマーなどの専門的な業務には、基本的には資格が必要となりますので、ペットショップの中でも専門的なお仕事をしたいと考えている方は、資格取得も視野に入れておくと良いでしょう!