トリマーになりたい!学校で勉強することや学生生活とは?

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーの学生生活について知りたい人
・トリマーを目指している人

トリマーになるために学校に通うとトリミングのことだけでなく、さまざまなことを勉強します。犬や猫の性格や病気についても学ぶようになります。トリマーになるためには、座学だけでなく、実習も大事です。そのため、1週間に何度もカットの練習をすることになります。しかし、トリミングは慣れるまでにはとても時間がかかるため、1日かかることもあります。学生のうちにたくさんカットの練習をし、カットの種類についても学ぶことをおすすめします。

トリマーになるための学校で勉強することや学生生活とは?

トリマーになるための学校で、勉強することやどんな学生生活を送ることになるのか解説していきます。

学校で勉強する内容とは?

学校で勉強する内容は、トリミングのことが多いです。トリミングは突然できるようになるものではありません。はじめはプードルのマネキンを利用して、ブラッシングやカットの練習を行います。さらに、座学でトリミングの流れやカットの方法について勉強します。

トリマーはトリミングの勉強だけでなく、犬種について、犬や猫の病気についてなども幅広く勉強します。学ぶことはたくさんありますが、いろんなカットをすることができるようになります。トリミングは練習を重ねることが大事です。最初はうまく行かないこともあり、カットの練習で怪我をしてしまう可能性もあります。

どんな学生生活となる?

トリマーとして勉強をするとなると、かなり忙しい学生生活となります。トリミングの練習が週に何度もあるため、自宅に帰宅する時間も遅くなることが多くなるでしょう。アルバイトも多くのシフトを入れることが難しくなるかもしれません。

しかし、多くの犬のカットをすることで、カット技術や知識も増えていくため、間違いなく実力はついていきます。

学生のうちに学びたいこととは?

学生のうちに学ぶこととしては、カットの知識です。トリミングは就職後にたくさん経験することはできますが、カットの知識は学生からつけておくことをおすすめします。もちろん就職後に勉強することもできますが、トリマーとして活躍するようになると、勉強するための時間も取りづらくなります。比較的融通のきく学生の時にカットの知識をつける努力をしておくと、就職後に難しいカットを依頼されてもイメージしやすくなりますよ。

トリマーを目指した学校で勉強することや学校生活は大変なものです。トリミングは1回やるだけでも3時間以上かかることがほとんどで、トリマーの体の負担が大きいです。勉強をしながらトリミングを行うことになるので、アルバイトや友だちと遊ぶ時間も限られてしまいます。しかし、しっかりと勉強することで技術も身についてくるため、トリミングの時間も短縮することができるようになります。最初は大変ですが、慣れることによりスムーズになることは間違いありませんので、安心してください。