トリマは女性として働きやすいのか?

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーの女性の働きやすさについて知りたい人
・トリマーを目指している人


女性の中では「トリマーとして働きたい」と考えている人もいるでしょう。

動物と接する仕事を考えるなら魅力的に思えることですが、「女性として働きやすいの?」と疑問を感じることもあるでしょう。

トリマーは女性として働きやすい職業なのか内容を紹介します。

女性トリマーが働きやすい要素

トリマーは女性として働きやすい要素がいくつかあります。

どのような点で働きやすいと言えるのか以下の点を確認してみてください。

女性が多く活躍している

トリマーは男性よりも女性の方が働いている人数が多く、男女比は1:9とほぼ女性が働いています。

女性が多く活躍しているため、どのペットショップはサロンにも女性が必ずおり、人数も女性が多いことが予想できます。

男性と一緒に働くのも良いですが、同性同士の方が気を使わない点や相談しやすいところもあるため、働きやすさで言えば女性が多いことはプラスになるはずです。

女性の多い職場で働きたいならトリマーを考えてみることができます。

深夜残業や泊まり込みでの仕事はない

トリマーの仕事は店舗にもよりますが、基本的に営業時間は朝から夕方となっているところが多いです。

勤務時間で早朝出勤や夜勤などはないので、働く時間帯を考えると体に負担は大きくかかりません。

また、残業は多少あったとしても深夜残業や泊まり込みでの作業などは無いため、夜遅くに帰宅するという問題もありません。

県外への出張や転勤などは会社ではないのでほぼ無いため、同じ場所で同じ時間帯に働くことができ、勤務スタイルは確立しやすいと言えます。

雇用形態も充実している

トリマーは雇用形態も自分の生活スタイルに合わせて変化させることが可能です。

仕事をフルで働きたい方は正社員として働くことも可能であり、出産や結婚によって長時間働くことが難しいなら、アルバイトやパートで働くことできます。

また、大手の店舗であれば社会保険や育休、産休制度なども充実しており、出産後も子育てと仕事の両立を行うことができるようにしているところもあります。

もちろん、店舗の大きさによっては育休制度などが整備できていないところもありますが、雇用形態の自由度は高いです。

コミュニケーションを取りながら仕事を行える

トリマーは動物の健康状態やヘアスタイルなどを整える仕事なので、動物と接することが多いですが、お客様とのコミュニケーションも大事です。

お客様にどのようなヘアスタイルが良いのか聞き出し、細かい部分までトリミングをする際も希望を聞いておかないとうまく行えません。

コミュニケーションにおいて聞き出すときに男性でも問題ありませんが、女性の方がお客様も安心して話すことができる雰囲気があります。

特に、初めて来店した人であれば、女性の方がいろいろ話せて打ち解けやすいです。

コミュニケーションという点でも女性は働きやすい職場と言えます。

トリマーとして働くことを考えよう

女性はトリマーとして働く際にいろいろなメリットがあります。

メリットを考えて自分に合っている仕事だと思うなら、トリマーの資格やスキルの取得を考えることもできるでしょう。