トリマーとしての評判を上げるために取り組むべきこととは

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーとしての評判を上げたい人
・トリマーを目指している人

将来、トリマーとして活躍したいと考えている人は多いです。しかし、トリマーは評判次第で活躍できるかできないかが決まってくる職業でもあります。そんなトリマーが評判を上げるためにできることはなんなのかを紹介していきます。

トリマーとしての評判を上げるには?

トリマーとして評判を上げて、たくさんの人から依頼を受けられるようにしたいと考えている人もいるはずです。評判が良ければ独立して活躍することもできます。では、トリマーが評判を上げるためにはどのようなことに取り組むべきなのでしょうか?いくつかまとめてみましたので参考にしてみてください。

スキルを磨くことは非常に重要

トリマーとしてのスキルを磨くことは非常に重要です。まず取り組むべきことはスキルアップでしょう。

トリミング中に誤って犬を傷つけてしまったなんてことがあると、なかなかお客さんが戻ってくるまでは時間がかかることもあります。信頼を維持するためにも自分のトリマーとしてのスキルを磨いておくことは非常に重要です。

飼い主さんとのコミュニケーションを大切にする

トリマーは犬のトリミングさえちゃんとやっていれば良いと思っている人もいるかもしれません。しかし、実際には飼い主さんとのコミュニケーションも非常に重要です。定期的にトリミングにきている犬なら「最近太ってきちゃったかな?」などの気づきもあるはずです。このような気づきを伝え、的確なアドバイスをしてあげることができれば飼い主さんからの信頼も上がりますし、「うちの犬をちゃんと見てくれているのね!」と思ってもらうことができます。

トリミングのスキルだけでなく、社会人としてのコミュニケーションを学ぶことも評判を上げる近道になりますよ。

おもてなしの精神を持つ

トリミングサロンによってはトリミングが終わった後にかわいらしくおめかしして写真を撮影してくれるところもありますよね。飼い主さんからしたらこういったサービスはとても嬉しいはずです。頼まれたことのみをこなすのではなく、頼まれたこと以上のおもてなしができるよう常に考えて行動すると良いでしょう。

ただし、「頼んでもいないことを勝手にやらないでほしい」という飼い主さんもいるので、飼い主さんへの許可などをとってから行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

トリマーとして評判を上げるのにはスキルアップはもちろんのこと、人間としての成長も必要だということがわかっていただけたかと思います。トリマーは犬だけでなく人間とのコミュニケーションが欠かせない仕事です。どんなことを話したら飼い主さんは喜んでくれるのかを考えながら仕事に取り組むことが重要です。トリマーの評判は良いものでも悪いものでもあっという間に拡散されていく世の中です。ぜひ、この記事を読んでいる人が良い意味で世の中に拡散されていくことを願っています。