トリマの需要と現在と将来性とは?

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーの需要と現在と将来性について知りたい人
・トリマーを目指している人


「トリマーとして働きたい」と考えている人もいるでしょう。

トリマーは犬や猫の毛並みを整えるお仕事です。

ペットブームとなっている状況もあるため、職業として考えることができますが「需要や現状、将来性は大丈夫なの?」と心配する人もいるかもしれません。

トリマーの需要と現状、将来性について内容を紹介しましょう。

トリマーの現状はどうなのか?

「トリマーの現状はどうなの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

現状を理解しているなら、トリマーの仕事に魅力を持てます。

現状は以下のようになっています。

ブームによるペットを飼う人は増えている

1つ目の現状としては、ペットブームによりペットを飼う人が増えていることです。

今は多くの人がペットを飼うようになっており、都心でも「ペットOK」というマンションが増えています。

ペットを飼う人が増えるということは、ペットの毛並みや手入れを考える人も増えてきており、トリマーにペットの手入れを依頼する人も増加してきています。

家族として接する人も多い

ペットを飼う人は家族の一員として接する人が増えています。

昔は番犬など防犯対策などで飼っている人も多くいましたが、今はペット専用のサロンや洋服なども増えており、ペットではなく家族の一員として、最善のことを行いたい人が多い現状です。

当然ペットの健康管理も気を使うため、トリマーを利用する人も増えています。

トリマーの需要はどうか?

ペットブームの現状を見ると需要は以前に比べて増加していることは一目瞭然です。

そのため、トリマーの需要は増えていると言えますが、特に以下の需要が増えています。

スキルを持ったトリマー

トリマーは国家資格などはないので、無資格でも行うことができます。

しかし、トリマーはペットの健康状態や毛並みを揃えるなど、細かい技術と知識が求められます。

そのため、スキルを持ったトリマーを店側は採用したいと考えます。

特に、資格を持っている人は安心感を持てるので需要があります。

土日などで働ける人

お店側にとっては土日などの休暇期間にお客様の来店が多いです。

そのため、トリマーとして土日などの休日も働ける人の需要は高いです。

制限がある人よりもいつでも出勤可能な人が理想なため、身軽な人の方が求められます。

トリマーの将来性はどうなの?

「トリマーに将来性はあるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

今では1人暮らしをする方がペットを飼うこと、またペットで癒しを求める人が増えているので、今後もペットを飼う人は増えることが予想されます。

ペットを飼う人が増えるということはトリマーの需要も増えるため、将来的に無くなる心配はない職業だと言えます。

ただ、今後はトリマーのお店も増えることが予想でき、お店の共存という点は激しくなるはずです。

そのため、トリマーのスキルや知識だけでなく、経営についてもしっかり計画する必要があるでしょう。