野生動物調査員の女性としての働きやすさ

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員の女性としての働きやすさについて知りたい人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員のお仕事は、体力仕事になる事も多く、女性でもできるの?と感じている方もいらっしゃるかとおもいます。

そこでここでは、野生動物調査員のお仕事は女性にとって働きやすいのか?についてご紹介いたします。

野生動物調査員に求められる能力

野生動物調査員のお仕事は体力仕事が多い

野生動物調査員のお仕事には大きくわけて

  1. 調査・分析
  2. 保全の計画

上記の2つに分けられています。

調査・分析では、実際に対象の地に足を運び、生き物の調査を進めます。地域によっては、とても過酷な場所になる事もあり、体力をたくさん消耗する事も。

女性の方で、野生動物調査員のお仕事を目指している方は、知識や経験と同時に体力も付けておくことが大切です。

実際に女性も活躍しています

女性で野生動物調査員として働いている方も実際にいらっしゃいます。

女性は、気配り上手で細かいことにも良く気付くことができます。

野生動物調査員のお仕事はときに小さな生き物を調査する事もあり、慎重に調査を行わなければいけない事もあるので、女性には向いているお仕事と言えるでしょう。

野生動物調査員は就職先が豊富

野生動物調査員のお仕事をする、就職先は豊富で主に以下のような就職先があります。

  • 調査の会社
  • コンサルティング会社
  • 行政・特殊法人
  • NPO
  • NGO

など…。

就職先によって仕事内容も異なりますので、自分が働きやすい職場に応募する事も可能です。

求められる能力は生き物の知識や経験だけではない

野生動物調査員が求められる能力は、知識や経験だけではありません。

地域の調査が終わると、調査結果を分析して報告書を作成・提出しなければいけません。

ここで必要になるのが、文章力や説明能力です。クライアントに認められるよう分かりやすく、そして説得力のある文章で報告書を作成し、口述では交渉するための話術が必要不可欠です。

つまり、野生動物調査員で必要なのは生き物の知識や経験だけではなく、社会人としての知識もバランス良く備えなければいけません。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員の女性にとっての働きやすさをまとめると、野生動物調査員は、女性にとっても働きやすい職場と言えるでしょう。

しかし、体力が必要な仕事もある他、生き物の知識や経験だけではなく、報告書をまとめる文章力や説明能力・コミュニケーション力も必要な事もありますので、女性・男性問わず、人との関わりが苦手だという方は少し働きにくいと感じる場面もあるでしょう。

野生動物調査員を目指している方は、生き物の知識や経験だけではなく、コミュニケーション力などその他社会人として必要な知識も備えておきましょう!